今回は「できもせず、やってもいないのに!」というお話です。

 

例えば、仕事のミスの指摘やダメ出しを、上司や同僚からではなく、家族や友人、さらには、恋人からされるとイラッとしてしまうことってあると思います。

 

もちろん、自分が相手にアドバイスを求めた上で、指摘やダメ出しなどをされるのであれば、覚悟がある分、素直に受け止める姿勢もできているわけですが・・・。

そうではなくて、単に仕事の愚痴を話していたり、何気ない会話の途中なのにも関わらず、相手の仕事に対しての指摘などをした場合、相手は機嫌を損ねてしまいかねません。

 

この理由としては、

自分と同じ土俵(職場が一緒や、同じ経験があるなど)に立ったことがない相手からの指摘やダメ出しというのは、受け取る側からすれば、上から目線に聞こえてしまうことや、内情を理解していないくせにというように、反感を買ってしまうことだってあるからです!

 

そもそも、

できもしないことや、自分がやってもいないことに対しての、指摘やアドバイスというのは逆効果になってしまうことも多いのです!

 

よく、スポーツでも、素人目線であれやこれやと指摘や批評をする人がいますが、プロの選手からしてみれば、大きなお世話だと言えるでしょう。

そのため、これと同じように、良かれと思って、恋人や気になる相手に対して、仕事の指摘やダメ出しなどをしたところで、仲がギクシャクしてしまう原因となることだってあるので、注意するようにしてください。

 

特に、女性の皆さんには気をつけていただきたいのが、

男性の多くは、仕事が順調であればあるほど、精神面にも良い影響があり、プライベートも充実する傾向があるので、下手に指摘やアドバイスをするよりは、相手の仕事に対する不安や悩みを解消するように心がけたほうが、恋愛だって上手くいきやすいでしょう!

 

誰だって、仕事もプライベートも、いつもいつも順風満帆に進むわけではないので、時には厳しく、時には寄り添ってあげるなど、相手の状態をしっかりと見極めることが大切になってきます。

この選択を誤ってしまうと、せっかくの良好な関係性が急に崩れてしまうことだってあるので、肝に免じておいてくださいね。

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。