今回は「男性がリードしなくちゃいけないの!?」というお話です。

 

お見合いでもデートでもそうですが、「男性にリードしてもらいたい」と考える女性は多いと思います。

同じように、男性も、「自分がしっかりと女性を引っ張っていかなきゃ・・・」という意識を持っている方が多いのですが、なかにはリードするのが苦手な男性もいます。

 

これは、考えたらわかると思いますが、人間、性格だって皆違うわけだし、向き・不向きだってあるのですから、

仕事もできるし、性格も良いけど、リードするのだけが下手な人だって存在するというわけです!

 

スポーツでも会社の組織だって同じことですよね。

「率先して前に出て、皆を引っ張っていくのが得意」、「前面に出るのは苦手だけど、後方から全体を把握して、皆のサポートに努めることが得意」・・・など、これは得意だけど、あれは苦手といったように、人それぞれ良さを出せる場面だって違うのです。

 

ですから、女性の方にお伝えしたいのは、仮に男性がリードするのが苦手な場合でも、ガッカリするのではなく、広い心で接することを心がけてください。

それに、

必ずしも男性がリードしないといけないなんてルールはないのですから、別に女性が男性をリードしても問題ありません!

 

寧ろ、組み合わせによっては、女性がリードするほうが二人の関係が上手く進んでいくことだってあるのですから。

 

要するに、

「男性はリードしてくれるもの」という固定観念に捉われることなく、柔軟な考えを持つほうが、お互いの幸せに繋がっていくということです!

 

特に、結婚を考えていく上では、何が正しい、これがルールというのは、二人の中で良い方法を探っていくことが、何よりも幸せになれる秘訣となります。

さらに、お互いの足りない部分を補える関係であれば、尊重し合い、思いやりを持つことができるはずです。

また、そうした関係性を築いていくことで、どちらがリードしないといけないなんて考えは、ちっぽけなことだと気づけるはずですよ!

 

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。