今回は「男性は自分を一番に考えてほしいもの!」というお話です。

 

男性が相手との別れを決意したり、気持ちが冷めていく理由の一つとして、自分のことを一番に考えてもらえないと感じるということが挙げられます。

具体的には、結婚して子供がいる家庭であれば、自分よりも子供が一番になったり、他には、相手の女性が仕事や趣味に没頭することで、自分がないがしろにされているのでは・・・と感じることだったりするわけです。

 

そもそも、

男性は評価や序列など勝ち負けを強く意識する生き物であり、どんな場面であっても、自分の優先順位が下がれば、ショック受けたり、悔しい気持ちを抱いてしまうものなのです!

 

ですから、たとえ女性に悪気がなくとも、男性と一緒に歩いている時に、「あっ、今カッコいい人がいた」と自分以外の男性を褒めたりすれば、気分がいいものではないのです。

さらには、交際が長くなったり、結婚したからといって、女性が自分といる時にオシャレにあまり気を遣わなくなったりする場合でも、やはり、「自分の優先順位が下がったのでは・・・」と、男性はガッカリしてしまうことに繋がるというわけです。

 

要するに、

男性の多くは、自分を一番に考えてほしいというのも当然あるわけですが、根本的なことを言うと、自分のことを信じてくれて、ずっと味方でいる相手が欲しいと思っていて、そのような相手に安心や信頼を覚えるのです!

 

ここまでの話で、男性の大まかな特徴を理解してもらえたと思いますが、ほとんどの場合、相手の女性だって、わざと男性の優先順位を下げようとやっていることではなく、無意識に取っている言動により、いつの間にか男性を傷つけてしまっているということだって少なくありません。

なぜなら、結婚して子供が生まれれば、子供に手がかかるのは当たり前のことですし、女性も働いている場合であれば、仕事が多忙になることだってあるでしょう。

 

そのため、女性からしてみれば、「いやいや、少し構えなくなったぐらいで文句言わないでよ」と思うことだってあるかもしれませんが、ハッキリ言うなら男性は子供なんです。

子供って、構ってもらえないと泣いたり、ふてくされたりしますよね。

 

つまりは、

いくつになっても男性は子供であり、大人である女性が構ってあげることで、男性の心は満たされるようになるというわけなんです!

 

忙しければ、ほんの少しだけでもいいので、相手の男性に対して、あなたのことをちゃんと気にかけているよとアピールしてあげてください。

また、男性にはどんな場面でも、私はあなたの味方であるということを伝えてあげてください。

 

そうすることできっと、相手の男性は自分のことを一番に考えてくれていると感じるあなたのことを、同様に一番に考えるようになるでしょう。

婚活や恋愛に臨む女性の皆さんは、このことを忘れないようにして、男性の気持ちに寄り添ってあげてくださいね!

 

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。