今回は「お節介な友人には注意が必要!」というお話です。

 

まずは、思春期の頃を思い出してください。

友人から異性を紹介してもらったことがある方も多いのではないでしょうか!?

 

もちろん、大人になってからでも、「恋人がいない」と嘆いていたら、友人から異性を紹介してもらうことなどもありますよね。

 

そんな時に少し困るのが、紹介してもらった相手があまりタイプでなかったり、気が合わない場合です。

だって、友人の顔もあるわけですから無下にもできませんし、何より下手に対応が悪かったりすると、なんて陰口を言われるかわかりませんからね。

 

このように、

友人からの紹介というのは、普段以上に気を遣う恋愛となりますが、実際には、恋人探しをしている人にとっては有難いお話となるはずです!

 

ですから、婚活や恋愛に励んでいる皆さんは、ぜひ、友人から異性を紹介してもらえる場合には、遠慮せずにどんどん紹介してもらいましょう。

 

出会いの数が多ければ、それだけ良い人と出会える確率が高くなりますし、何より、もし上手くいかなかったとしても、その経験は別の恋愛時に活かせるはずなので!

 

ここまでのお話で、「それなら友人に声かけして、誰か紹介してもらえないか聞いてみよう」と思った方もいるかもしれませんが、1点だけ注意しないといけないことがあります。

それは、友人が必要以上にお節介の場合です。

 

具体的には、異性を紹介してくれた後に、その後の経過を事細かに確認してきて、アドバイスを送ってくるような友人です。

 

なぜ、このような友人に注意が必要かというと、

お節介の人の特徴として、口が軽かったり、押し付けがましい傾向があるからです!

 

例えば、紹介した相手と上手くいってなさそうと思えば、相手にも連絡をとって状況を聞いてみたり、他にも、自分の考えだけの根拠のないアドバイスを送ってきたりと・・・。

良かれと思ってやってくれていることでしょうが、逆に、こちらにとっては迷惑になる場合だって多いのですから。

 

実際のところ、それが自分が異性を紹介した場合だけに留まらず、結婚相談所での活動にだって、口を挟んでくる友人だっているのですから、困ったものです。

 

ちなみに、誤解がないように言っておきますが、結婚相談所でのカウンセラーの言うことが100%正しいと言うわけではありませんよ。

 

特に、

恋愛は人と人とのコミュニケーションによって成り立つわけですから、絶対に上手くいく方法なんてありませんし、正解だってないのですから!

 

けれど、自分が後悔しない恋愛をするには、相手に対しての信頼もそうですが、困った時などに相談する相手に対しても信頼がないと、きっと、そのアドバイスを真摯に受け止めることができないはずです。

 

要するに、

信頼関係が構築できている相手でなければ、その相手の言うことを100%信じることができないのです!

 

もし、紹介してくれる友人がお節介であっても、あなたとの関係性がしっかりとしているなら、その友人の言うことを実践してみようと思うかもしれませんし、それで失敗しても後悔はしないかもしれません。

ただし、あまり関係性ができていない友人だった場合には、自分が後悔しないためにも、そのアドバイスを実践するかどうかは、よく考えてみてくださいね!

 

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。