今回は「お願い事への返事のレスポンスは非常に大事!」というお話です。

 

人からお願い事や頼み事をされた際に、返事に困った経験があるという方も多いと思います。

具体的には、その期待に応えたい気持ちはあるけれど、相手の希望に沿えないような場合や、単純にどうするか迷っている場合だって返事に困ることでしょう。

 

このような時には、相手からお願いされた際に、「う~ん・・・」と悩むそぶりを見せたり、「手伝いたい気持ちはあるんだけど・・・」と、余計な言い訳を付けてしまうことだって少なくありません。

 

そもそも、

相手からしてみれば、お願い事をした際に、まずはそのお願いを聞いてくれる意志があるのかどうかが、一番気になっているポイントなわけですから、答えに詰まり返事がなかなかもらえない状況であれば、落胆に繋がってしまうだけなのです!

 

つまり、

お願い事への返事のレスポンスというのは、実は非常に大事なことで、できるなら即座にOKしたほうが相手は気持ちがいいものですし、無理なら下手に悩んだり、言い訳をするよりも、できないという意志表示をできるだけ早く明確にしたほうが良いことなのです!

 

実際、婚活や恋愛の場面でも、自分が相手をデートに誘ったとしましょう。

 

その時の相手の返事が、「う~ん、どうしようかなぁ・・・」と言われたり、「今は金欠だからなぁ・・・」と言い訳されれば、「そんなに乗り気じゃないわけね」と思うことでしょう。

ただ反対に、「行こう!楽しみにしてる!」と、すぐに返事をしてくれたら、嬉しい気持ちになるはずですし、仮にダメな場合でも、「その日は予定があるから、また別の日でタイミングが合えば!」という返事であれば、嫌な気はしないはずです。

 

要するに、

曖昧な返事をすることは、相手を不安にさせるなど、ネガティブな印象しか与えませんから、極力、相手への返事に関しては、できる・できないのどちらかで答えるべきなのです!

 

ちなみに、裏ワザとしては、相手からのお願いに対して、どんな場合でも最初はOKするというテクニックも存在します。

 

例を挙げて説明するなら、「今度の土曜日、デートしない?」と誘われた際に、その日が無理でも、とりあえずの返事としては、「いいよ!行こう!」と、OKの返事をするわけです。

けれど、その後すぐに、「あっ、土曜日は仕事だった・・・だから、また別の日でお願い!」と、このように伝えることで、相手からしてみれば、お願いを断られたという印象が少なくなって、嫌な気分にもなりにくいので、ある意味では有効な手段となります。

 

ただし、毎回毎回このパターンで返事をしていたら、いつかは相手に気づかれるでしょうから・・・、やるなら自己判断で、よく注意をしてくださいね(笑)

まあ何にせよ、返事のレスポンスによって、相手が受け取る印象が大きく変わるということだけは、忘れないようにして、婚活や恋愛に臨んでみてください!

 

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。