今回は「さりげない優しさほど・・・!」というお話です。

 

男女問わず、「好きなタイプは優しい人」と答える方が多いのは事実です。

そして、当たり前のことですが、思いやりがあって親切で、心が優しい人が魅力的なのも、間違いないことだと言えるでしょう。

 

ただし、だからといって気になる相手から、「優しいです」と言われても、簡単に喜んではいけません。

 

なぜなら、

「奢ってくれるから」、「自分を特別扱いしてくれるから」というように、都合のよい相手に対しても同じように、優しいという言葉を使って表現することもあるわけで、このことを理解しておかなければ、ただのぬか喜びとなってしまうことだってあるからです!

 

実際のところ、

けっして甘やかすことだけが優しさではなく、ダメなことはダメと、時には厳しく、また、気づかない間にフォローするなど、本当に相手のためになる言動を行うほうが、真の優しさだと言えるでしょう!

 

根本的に、「相手から好かれたい」という気持ちが強ければ強いほど、相手のご機嫌とりをしてしまいがちですが、そうなっては、対等な関係を築きにくくなってしまいます。

それに、何かしらの見返りを求めようと下心を出していると、その考えを見透かされることだって少なくないため、結局は、恋愛も上手くいかないことに繋がってしまうでしょう。

 

そもそも、

相手がすぐには気づかないような、さりげない優しさのほうが、相手がそのことを理解してくれた時には、感動だって大きくなり、あなたに対する気持ちだって、よりポジティブなものとなることだって多いのです!

 

このことを理解しておけば、その場だけで相手に良い格好をするのではなく、相手のためにベストな選択を考えることができるようになり、いざという時にも頼れる存在になるのではないでしょうか!?

 

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました!