今回は「さりげない気遣いを重ねたほうが・・・!」というお話です。

 

誕生日や記念日、さらにはイベント時などに、恋人や気になる相手に喜んでもらおうと、プレゼントを用意したり、食事に誘ったりすることなどは、よくあることだと思います。

もちろん、その気持ちは素晴らしいことだと思いますし、きっと相手も素直に喜んでくれることに繋がり、関係性だって深まることでしょう。

 

ただこのように、何か決まったタイミングで相手に対して気遣いを見せるというのは、多くの人がやっていることですし、何より、気遣いを受ける側としても、薄々勘付いている場合がほとんどです。

 

そのため、ある意味では、

誕生日や記念日などのありきたりなタイミングよりも、日常の・・・、それも、さりげないタイミングで相手を気遣うほうが、相手からすると、感動も大きく、一気に相手との距離が縮まることだってあるわけです!

 

ちなみに、さりげない気遣いというのは、難しく考える必要はありません。

 

例を挙げるなら、仕事が多忙な相手に対して、相手の体調が心配だからと、栄養ドリンクをプレゼントしてみたり、また、「いつもお疲れ様、無理しないように」というような、簡単な手紙を渡すことだって、さりげない気遣いと言えるでしょう。

他にも、以前デートした時に、相手がちょっとした(安価な)もので欲しいと言っていたものがあるのであれば、次に会うタイミングでプレゼントしてあげるなど・・・。

 

さりげない気遣いが相手の心を動かし、好意が大きくなるきっかけとなることだって多いのです!

 

そもそも、

相手が自分に対して気遣いを見せてくれることに、嫌な気持ちになる人はいませんから、小さな気遣いであっても、回数を重ねたほうが、心に響くということだって少なくありません!

 

案外、簡単そうなことではありますが、実際に実行している方はそう多くはありませんから、恋のライバル達に勝つためにも、日頃から好意を寄せている相手に対して、さりげない気遣いを心がけてみてはいかがでしょうか!?

そうすることで、相手からの印象もグッと良くなり、交際や結婚に発展するかもしれませんよ!

 

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。