今回は「どうしても諦めきれない相手がいるなら!」というお話です。

 

交際している相手から、「好きな人ができた」とフラれてしまい、次の恋に進むわけでもなく、復縁を目指して行動することだってあるでしょう。

他にも、交際前の段階で、相手が他に好きな人がいて、自分に興味がないことが分かっているけど、なんとか自分のほうに振り向いてほしいと、努力することだってあるかもしれませんね。

 

このように、自分は相手のことが好きでも、相手は自分のことを好きではないという場合、辛く悲しい気持ちを抱いてしまうと思いますが、相手のことが好きという気持ちが大きければ大きいほど、諦めきれない気持ちも同じように大きくなるのです。

ちなみに、先に辛辣なことを言ってしまえば、相手が自分に興味がないのであれば、正直、別の相手を探したほうが、恋愛が上手くいく可能性も高いのです。

 

なぜなら、

付き合っていて別れたり、自分に興味がない相手は、何かしらの不満や問題点、さらには、魅力を感じていないからこそ、良い関係性が築けていないのであって、復縁を試みたり、相手を振り向かせようと思っても、そもそものスタートがマイナスであることも少なくないからです!

 

ただ、それでも相手のことを諦めきれないという場合、取るべき行動は限られてきます。

それは、辛抱強く我慢をしながら、相手とは疎遠になったり、忘れられないようにすることです。

 

実際、自分に置き換えてみれば分かることですが、好きな人ができて、その相手との時間が楽しいのに、別に好きでもない人間から頻繁に連絡がきたとしたら・・・、うっとおしいと思いますよね。

また、嫌な部分があるから相手と別れたにも関わらず、時間を置くこともなく、復縁をせがまれたとしたら・・・、完全に相手のことが嫌いになってしまうかもしれません。

 

要するに、

別れた相手や、興味がない相手からの特に用事のない連絡というのは、相手にとっては負担になることも多いため、自分の気持ちを伝えたいという自己満足だけで行動しては、かえって関係性が悪化してしまうだけなのです!

 

ただし、だからといって、あまりにも相手に連絡をしないというのも、期間が空きすぎれば、なんとなく連絡しづらい雰囲気になるなど、疎遠になってしまうかもしれませんし、相手の連絡先が変わっていたり、最悪の場合、相手から忘れられてしまうことだってあるかもしれません。

 

つまり、

あなたという存在が忘れられてしまえば、完全に復縁の可能性や、交際に繋がる可能性が無くなってしまうので、今現在が別の相手と交際をしていたり、そちらに心があったとしても、自分に嫌悪感を抱かれないように、相手から覚えておいてもらう必要があるというわけです!

 

ですから、どうしても諦めきらない相手には、頻繁に連絡するのではなく、相手の誕生日のお祝いや、年明けの挨拶など、連絡してもおかしくないタイミングで、相手に負担がかからない内容で連絡を取ることで、嫌われることなく、あなたの存在を思い出してもらえるでしょう。

そうすることで、あなたに嫌な感情を持っていなければ、交際相手と上手くいっていない時があれば相談してくるなど、徐々にあなたにも心を開いてくれるでしょうし、そこから、復縁や交際に繋がるかもしれません。

 

もちろん、相手が別の人との恋が上手くいって、あなた自身としては悲しい結末を迎える可能性もあるわけですが、どうしても諦めきれない相手がいるなら、焦ることなく、辛抱強く我慢をして、忘れられないようにすることが、何よりも大切なことだと言えるでしょう。

婚活や恋愛時には、自分の思い通りにいかず、苦しい経験をすることもあるかと思いますが、諦めなければいつかは報われるタイミングもくるので、上手くいかなかった反省をして、前に進んでいきましょうね!

 

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。