今回は「ひとりぼっちのクリスマスが嫌ならば・・・!」というお話です。

 

「クリスマスなのに一緒に過ごす恋人がいない・・・」と落ち込み、その寂しさを紛らわすために、恋人がいない友人とパーティーをしたり、仕事に打ち込んだりと、このように、クリスマス当日を過ごす人も少なくないようです。

 

ちなみに、クリスマスに一人で過ごすのが寂しいと感じるのは、街の雰囲気も含め、きっと、「クリスマスは楽しいイベント」という考えがあるからだと思うのですが・・・。

どちらにしても、皆が楽しんでいるイベントに自分だけが取り残されているような気分になってしまう人も多いはずです。

 

ですから、クリスマスにひとりぼっちだった場合には、

周りから置いていかれるような不安や焦りから、孤独感を感じて寂しさが増しているのです!

 

けれど、冷静に考えてみてください。

クリスマスに限らず、バレンタインに夏祭り・・・など、他にも、恋人と一緒に楽しめるイベントはたくさんあるのです。

 

それに、クリスマスはW杯やオリンピックと違い、毎年やってくるものなんですから、もし、クリスマスに恋人がいなくて落ち込んだのであれば、そこから、自己反省をして、次に活かすことが自分のためになるというわけです。

 

要するに、

落ち込んだことをバネにして、新たな出会いに向けて行動することが、未来の幸せに繋がっていくのです!

 

そもそも、ひとりぼっちでクリスマスを迎えたという人は、男女問わずいるはずです。

そして、自分が寂しい時は、同じように相手も寂しさを感じているわけです。

 

そのため、

お互いに寂しさが増しているタイミングこそ、相手に共感を生みやすく、アプローチする効果が上がりやすくなるのです!

 

そう!ひとりぼっちのクリスマスが嫌ならば、「来年は必ず恋人と一緒にクリスマスを過ごす」という強い意志のもと、すぐに行動に移すことで大きなチャンスを手にすることができるのです。

婚活・恋愛で成果が上がりやすいタイミングは、実はクリスマスなどのイベントが始まる前よりも、終わった後というわけです。

 

もし、ひとりぼっちのクリスマスで嘆いている人は、ピンチはチャンスと捉えて、早速行動に移してみてください。

そうすることで、次のイベントや、来年のクリスマスは素敵な恋人と一緒に過ごすことができるかもしれませんよ!

 

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。