今回は「もうダメだと思った時にこそ!」というお話です。

 

好きな相手からフラれてしまったり、仕事で大失敗をしてしまうなど、自分の心が折れてしまい、もうダメだ・・・と思ってしまうことだってあるかもしれませんね。

そんな時には、人によっては自暴自棄になって塞ぎ込んでしまったり、反対に、そのストレスを発散させるために羽目を外し過ぎてしまうなど、ネガティブな状態に陥ってしまう人だって少なくないでしょう。

 

もちろん、気持ちはよく分かりますし、塞ぎ込むことや羽目を外すことだって、不安定な精神状態を落ち着かせようとしての行為なわけですから、全てを否定するつもりはありません。

ただ、上記のような行為が、今後の自分にとってプラスとなる影響が大きいかというと・・・、そんなことはないはずです。

 

ですから、

もうダメだと思った時にこそ、今までの自分のやり方とは大きく変えてみるなど、冷静に自分を見つめなおし、視野を広げて変化を求めてみるのも良いでしょう!

 

そもそも、失恋したから髪を切るというのだって、イメチェンすることで、気持ちを新たにスッキリしたいという思いからだろうし、フラれた相手を見返したいからと、今までよりも、仕事もプライベートも充実させたいと努力することだって、ポジティブな心境の変化と言えるのです。

 

要するに、

もうダメだと思って落ち込んでしまった時には、未来の自分が幸せになれることを信じ、その悲しさや悔しさを糧にして、自分のモチベーションを高めることや、行動するためのパワーに変えることで、以前の自分よりも大きく飛躍することができるはずです!

 

よく、ピンチはチャンスとも言われたりしますが、まさに、上手くいっていない状況からは這い上がるしかないのですから、少しでも状況が好転していくことで、気持ちだって乗ってくるだろうし、同時に、自分の成長にも繋がっていくはずです。

 

結局は、

下を向いて落ち込んでいるだけでは、偶然の出来事でも起こらないかぎりは、何かが変わることなんてないのですから、ダメだと思った時こそ、大きな変化を求めて行動することが大切なことだと言えるでしょう!

 

辛い時に落ち込んでしまうのは当然のわけですが、いつまでも落ち込み続けるのではなく、気持ちを切り替えて、前を向く姿勢を持つことが重要です。

寧ろ、その気持ちを持てないかぎりは、いつまで経ってもポジティブな変化が訪れることはありませんから、どんなに悲しくても、どんなに悔しくても、再び立ち上がり、行動することを心がけるようにしてくださいね。

 

そうすることできっと、いつかは成功を掴み取れるはずですし、幸せな未来だって待っているはずですよ!

 

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。