今回は「もし、仮に・・・という前置きを、恋愛で活用する!」というお話です。

 

皆さん、もし、仮に宝くじで1億円が当たったら、使い方はどうしますか?

全部貯金する、半分貯金して半分使う、全部使う・・・etc

色んな使い方があると思います。

 

もう一つ質問したいと思います。

もし、仮に芸能人と付き合えるなら、誰と付き合いたいですか?

福山雅治?高橋一生?新垣結衣?綾瀬はるか?・・・etc

 

はい、何が言いたかったかと言うと、皆さん、ボクの質問に対して、「自分だったら○○」と答えをイメージしたのではないでしょうか!?

これは、セールスなどで使われる「推定承諾話法」と呼ばれるもので、

「もし、仮に」という前置きで質問することで、相手はまるで、それを手に入れたかのように連想してしまうのです!

 

そして、この方法は恋愛の場面でも、有効活用できます。

例えば、気になる相手に対して、「もし、仮に私とデートするなら、動物園に行きたい?それとも、水族館に行きたい?」と、このように質問したとします。

すると、少なくとも相手の頭の中は、あなたと動物園ないし、水族館をデートしていることをイメージするはずです。

 

この、「相手があなたのことを考える」ということが、相手との関係性を深めるためには非常に大事なことで、

相手にあなたのことを意識させる回数を増やすことで、相手があなたに好感を抱きやすくなるのです!

また、相手の頭の中では、あなたとデートしているわけですから、必然的にデートのシュミレーションをしてくれることとなり、実現までのハードルも下がりやすくなるのです。

 

ちなみに、この場合には、より具体的なイメージを持たせるほうが効果的です。

例を挙げるなら、食事に誘いたのであれば、「もし、仮に食事に行くとしたら・・・」という質問よりも、「もし、仮にイタリアンのお店に・・・」という質問のほうが良いわけです。

さらには、お互いに共通で知っているお店があるのなら、「もし、仮にイタリアンの○○のお店に・・・」と、

より具体的な質問を投げかけるほうが相手もリアルな状況をイメージしやすく、現実的な答えに近づくのです!

 

どうですか!?皆さんも「もし、仮に・・・」というフレーズを使ってみたくなったのではないでしょうか!?

恋愛で大事なことは、相手にあなたのことを考えてもらう時間を増やすことです。

そのためには、「もし、仮に・・・」という質問は、魔法の言葉となるので、ぜひ、あなたも気になる相手に使ってみてくださいね!

 

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。