今回は「よそよそしい態度は厳禁!」というお話です。

 

お見合いや婚活パーティー、合コンなど、どんな場面でも構いませんが、相手の態度がよそよそしかったとしたら、正直、その相手のことをいいなと思うことは少ないでしょう。

反対に、相手と会うのが初めてだったとしても、自然な振る舞いで接してくれる相手には、安心を覚え、好感を持つことに繋がるわけです。

 

そもそも、

緊張してしまうことが原因で、よそよそしい態度となってしまうこともあるかと思いますが、どちらかがぎこちなければ、その場の空気までぎこちなくなってしまうものなのです!

 

そのため、

決して相手のことが嫌いという気持ちではなかったとしても、ぎこちない空気が漂っているせいで、軽快なテンポで会話ができなくなってしまったり、変に気まずくなってしまうことだってあるのです!

 

根本的に、何度も会って話をしたことがあるという、関係性ができている相手とは違い、初対面の相手や気になる相手の前では、余程、恋愛経験が豊富でもないかぎり、誰だって緊張したり、自然に振る舞うことが難しいものです。

 

ですから、相手と一緒にいる場面で、自分の意志とは裏腹に、どうしても、よそよそしい態度が出てしまうのであれば、正直に余裕がないことを相手に伝えてみるのもよいでしょう。

「ちょっと緊張して・・・」、「あまり慣れてなくて・・・」と、このように、素直に現在の心境を伝えることで、それを聞いた相手は、自分が原因でぎこちない空気になっているのではないことが分かり、安心できるはずですし、寧ろ、リードしてくれるようになるかもしれません。

 

要するに、

緊張したり、不安な気持ちを抱えているのであれば、そのことを相手に悟られないように振る舞うことが何よりも大切ですが、それが難しい場合には、緊張していることなどを正直に相手に伝えたほうが、かえって好感に繋がることだってあるというわけです!

 

婚活や恋愛時には、余裕を持つことが相手から魅力的に見られる大きな要素となるわけですが、仮に余裕がなくても心配する必要はありません。

その時は、勇気を持って自分の心境を相手に伝えることで、相手はきっと理解をしてくれますし、相手と打ち解けるきっかけにもなるはずですよ!

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。