今回は「カッコよさや可愛さよりも重要なのは・・・!」というお話です。

 

見た目よりも中身が大事だとよく言われますが、正直なところ、初対面や相手のことをよく知らない段階であれば、相手の見た目によって、自分の好みかどうかや、自分に合いそうかどうかを判断し、交際や結婚を意識することは間違いありません。

もちろん、会話をする機会が増え、相手のことをより深く知っていくことで、相手の中身の部分に惹かれていくことはあるわけですが、それも、完全に相手の見た目が恋愛対象外だと最初に判断していたとすれば、余程のことがないかぎり、その考えが覆ることはないでしょう。

 

つまり、

恋愛において、相手のことを意識するようになったり、相手と会話をしたいと思うようになる一番最初のきっかけとしては、何を言おうが、相手の見た目を通して感じる自分の好みが関係しているのです!

 

そのため、結婚相談所での活動であれば、自分自身のプロフィール写真の写りが良く見えるかどうかだけでも、相手からの反応は当然変わりますし、普段の恋愛であっても、パッと見た印象がカッコよかったり、可愛らしいと感じる相手の方がモテることに繋がるでしょう。

けれど、勘違いしないでほしいのは、カッコよさや可愛らしさというのは良いに越したことはありませんが、実際には、相手と会話をするようになったり、会う機会が増えた状況であれば、そこまで重要な要素ではなくなってしまうということです。

 

なぜなら、

どんなにカッコよかったり、可愛かったとしても、一緒にいるタイミングで楽しい時間を共有できなかったり、相手から優しさを感じなければ、だんだんと相手に対する気持ちは離れていってしまうものです!

 

要するに、

初対面や仲良くなりきれていない場合とは違って、ある程度、相手との関係性が築けてきた場合には、カッコよさや可愛らしさよりも楽しさや優しさのほうが、より相手から好かれたり、信頼を得るためには重要な要素となってくるわけです!

 

ですから、相手と共通の趣味があって話が盛り上がったり、気配りができたり、思いやりを持って相手と接することで、さらに、相手との関係性だって深まっていくことでしょう。

婚活や恋愛の場面でも、このことをしっかりと理解しておかなければ、最初は順調に進んでいると思っていても、途中から上手くいかなくなってしまうことだってあるかもしれませんから、よく肝に免じておくようにしてくださいね!

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。