今回は「デートの際には万全な体調で!」というお話です。

 

好きな相手や気になる相手とデートの約束を取りつけたものの、デート当日に体調を崩してしまった・・・、実際に、このようなことってあると思います。

そんな時、具合が悪いし、何より相手に迷惑をかけられないけれど、デートには行きたい気持ちがあるから、無理して行くか悩んでしまうということだってあるはずです。

 

ここで、当たり前のことを言うならば、症状によっては相手に移してしまったり、相手が心配してデートどころではなくなってしまう恐れだってあるので、キャンセルするに越したことはありません。

 

また、何よりも気をつけないといけないことは、

相手との関係性が構築できていない状態でのデートの際に、疲労感や緊張感を漂わせてしまっては、相手にマイナスの印象を与えてしまうだけなのです!

 

具体的に説明するなら、人は相手から、「疲労感」や「緊張感」を感じると、人間関係が上手くいっていない人だと受け取ってしまうこともあるそうです。

 

要するに、

疲れや緊張が原因だったとしても、コミュニケーションが取りにくくなることで、親しみにくい雰囲気が出来上がってしまうというわけです!

 

反対に、

リラックスしている姿勢や笑顔を相手に見せることで、相手には親しみやすいと思わせることができるので、付き合いが浅いうちのデートの際には、意識してやってみることが必要となるでしょう!

 

別に具合が悪くなくとも、仕事終わりにデートをする場合など、自分が思っている以上に疲れていたりすると、気づいた時には疲労感が出てしまい、相手にネガティブな印象を持たれることだってあるので、くれぐれも注意してくださいね。

できることなら、デートの際には万全の体調で臨んだほうが、デート自体も楽しめて、相手との関係性も深まるはずですよ!

 

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。