今回は「デート中に電話がかかってきた時には・・・!」というお話です。

 

デートをしている最中に相手が携帯電話で話し出すと、それだけで嫌な気持ちになる人もいるかもしれませんね。

ちなみに、なぜ嫌な気持ちになるかと言うと、電話の相手がどこの誰かも分からず、席を外したり、小声で話しているならば、内容も分からないのが原因でしょう。

 

つまり、

自分が優先されているかが分からなかったり、相手には他に良い人がいるのかもしれないと不安を抱えることで、嫉妬やヤキモチなどが出てきてしまうのです!

 

けれど、電話の相手が職場の同僚からで、内容が仕事に関する報告などと分かれば、けっして嫌な気持ちにはならないでしょう。

他にも、デートで向かうお店からの予約の確認の電話だったとすれば、寧ろ、嬉しい気持ちにさえなるかもしれません。

 

このように、電話の相手や会話の内容が明確になることで、不安から安心といった感情に変化していくものなのです。

 

そして、このことを踏まえたうえで、自分の携帯電話が鳴った時に、さらに相手に良い印象を与える方法をお伝えしたいと思います。

 

基本的に、通常の会話であれば、両者の話を聞くことができるため、会話の内容を簡単に把握することができる一方で、電話の場合には、内容も相手が誰なのかもすぐには分かりません。

そのため、上記でも説明した、

一緒にいる相手に、できるだけ早く電話の相手や経緯や内容を理解させることで、安心してもらうことに繋がるのです!

 

ただし、それ以上に、必ずしも今話さなければいけない電話でなければ、相手に聞こえるように、「今、大事な人と一緒にいるから、また時間がある時に折り返すね!」と、このようなニュアンスで電話を切ってみてください。

 

きっと、そうすることで、

相手は自分が優先してもらっていると優越感に浸ることができ、気分が良くなるだけじゃなく、こちらに共感を覚え、好感度が上がっていくのです!

 

ちょっとしたテクニックとなりますが、相手との距離が近づくことになるので、ぜひ、チャレンジしてみてください。

 

デート中に電話がかかってくると、「電話に出たら相手に失礼かな・・・」と思って、電話を無視したり、また、相手の前で電話に出るのも悪いと感じ、席を外すケースも多く見受けられます。

もちろん、それが良い悪いかはハッキリとは言えませんが、そうすることで、実は相手が不安になることだってあるので、注意しておいてくださいね!

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。