今回は「ナンパという行為について考えてみる!」というお話です。

 

ナンパと聞くと、良い印象を持っていない方も多いと思います。

 

ちなみに、ナンパとは、面識のない人に対して、公共の場で会話や遊びに誘う行為なわけですが、見ず知らずの人から、いきなり声をかけられたら怖いですよね。

「えっ、何!?」と、不安を覚えることだってあるかもしれませんし、その行為にドン引きしてしまうこともあるでしょう。

 

もちろん、その気持ちはよく分かりますし、ナンパしてくる人なんてチャラいと感じることだってあるはずです。

けれど、よく考えてみてください。

 

例えば、学校や会社であまり面識もなく、話したことがない相手からご飯に誘われたらどうでしょうか!?

きっと、相手のことをよく知らないという理由から、警戒心は出てくると思いますが、ナンパとは違うイメージを覚えるはずです。

 

他にも、ツアー旅行に参加した際に、同じツアーに参加していた人から声をかけられたとしたら、どんな印象を覚えるでしょうか!?

この場合も、多少なりともビックリはするかもしれませんが、街で知らない人から声をかけられるのとは、また違った印象となるでしょう。

 

要するに、

何も知らない相手に警戒心を持つのは当然のことですが、相手の素性が少しでも分かっていたり、同じ空間や時間を共有している相手であれば、その警戒心も薄れ、変な印象を抱くことも減るというわけです!

 

ですから、少しでもナンパの成功確率を上げたいのであれば・・・というお話ではなく、ナンパしてくる相手に嫌悪感を抱くこともあるかもしれませんが、考え方によっては、異性の同僚からご飯に誘われるのと、そこまで大差のない行動だということです。

 

つまり、

人は面識のない相手から声をかけれることに不安や恐怖を覚えるわけですが、逆に言えば、その不安や恐怖を払拭することさえできれば、ナンパだろうが、同僚をご飯に誘うことだろうが、気になる相手に勇気を出して声をかけているという根本は同じことだと言えるのです!

 

そもそも、イメージは悪いかもしれませんが、ナンパだって立派な出会いです。

それに、気になる相手がいたとして、どこで、どの場面で声をかけるかというのの違いだけで、仮に、上手くいけば幸せなことでしょうし、何もしなければ、チャンスを逃しているだけかもしれません。

 

結局は、

最初のイメージが悪かろうと、勇気を持って行動しないかぎりは、一生巡り合うことのない恋だってあるわけですから、ナンパという出会いがきっかけであっても、お互いが幸せになれることのほうが良いことだと言えるでしょう!

 

色々とお話しましたが、誤解のないように言っておくなら、決してナンパを出会いの方法として推奨しているわけではありませんので、勘違いしないようにしてくださいね。

悪いことだとは思いませんが、やり方次第ということだけですので・・・、なぜなら、用事があって急いでいる人や、恋人がいたり、結婚している人にナンパをしてしまっては、ウザいと思われてしまうだけですから!

 

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。