今回は「ハイスペックな相手と結婚したいなら!」というお話です。

 

恋愛と結婚は違うというのは、耳にしたことがある人も多いと思います。

これは、結婚となると一緒に生活していくことが大前提になるため、相手のことが好きという気持ち以外にも、経済力があるか、身のまわりのことができるかなど、共に家庭を築いていけるかどうかを重要視するようになるためです。

そして、皆さんも願望としてあるように、「結婚するなら、顔も良くて、仕事もできて、性格も良くて、家庭的な人がいい!」と、このように、総合的にハイスペックな相手を選びたいと思う人は多いはずです。

 

もちろん、少しでも自分の理想となる相手と結婚したいと考えるのは良いことですし、結婚相談所では、皆さんが理想とする相手と結婚できるよう、「力になりたい!」と考えているわけですが、

ハイスペックな相手を選ぶということは、相手もハイスペックな人を希望しているということを肝に免じておかなければいけません!

 

そもそも考えてみてください。

「顔がもの凄く美人」「年収が2000万以上」「面倒見が良くて誰からも好かれている」・・・上記に挙げたのは一例ですが、総合的ではなくとも、1つだけでもハイスペックなものがある人というのは、周りがほっとかないはずです。

そのため、

ハイスペックな人というのは、色んな相手からアプローチがあり、それだけ選択肢が増えるため、より良い条件の相手を必然的に選ぶことになるというわけです!

 

また、ハイスペックと言えば・・・よく医師と結婚したいと考える人がいますが、一般的に医師になるには、約5,000万の費用が必要になると言われているため、元々裕福な家庭で育ってきたという方が圧倒的に多いです。

そうなると、

親が結婚相手のスペックを気にするなど、本人同士以外の問題も出てくる可能性もあるのです!

さらに、なんとかして医師と出会いたい、結婚したいと考える人が多いことからも、医師が結婚相手に選ばれるというよりは、多くの選択肢の中から、医師が結婚相手を選ぶという立場になってることが、ほとんどというわけです。

 

それをわかった上でアプローチするのは良いですが、ただ自分が医師と結婚したいからといって、ライバルが多い状況の中で、やみくもにアプローチしても成功する可能性は、限りなく低いでしょう。

ハイスペックな相手を選ぶということは、ライバルが多いことや、周りの人からの見る目も気にしないといけないのです!

 

もしかしたら、今お話してきた内容で、ハイスペックな人を選ぶのに自信を無くした人もいるかもしれませんが、諦めてはいけません。

ハイスペックな人と結婚するには、あなた自身もハイスペックを目指せばいいのです。

「いきなり、ハイスペックを目指せと言われても・・・」と思うかもしれませんが、「顔を整形して美人になってきてくれ」だの「年収1,000万を超えるよう、仕事を変えてくれ」と言っているわけではなく、礼儀作法を身につけたり、姿勢を良くしたり・・・日常的に自分を磨くことはできるはずです。

 

結局は、その積み重ねがハイスペックな人と結婚できることに繋がります。

慌てない、慌てない、ひと休みしてはダメですが、毎日できることをやっていくことが第一歩です。

端の持ち方、食べ方が綺麗、姿勢が良いなど、案外そういう部分から、人に魅力を感じる場合もあります!

 

ぜひ、今できることをやって自分磨きをして、あなた自身が少しでもハイスペックになるよう、心がけてみてください。

そうすることで、ハイスペックな人と出会うことが可能になるはずです!

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。