今回は「プロフィール写真の重要性!」というお話です。

 

お相手探しの際に、確認できるのは「プロフィール」と「写真」

基本的には、この2つとなっています。

 

そこで前回、プロフィールの重要性をお伝えしましたが、それ以上に重要なのが「ご自身の写真」となります。

結婚相談所では、出会う前の情報にどうしても限りがあります。

その限られた情報の中から、相手をお選びいただくので、

「プロフィール写真」が、第一印象として深く相手の記憶に残るのです!

 

「外見じゃなく、大事なのは中身だから」

と言う方はたくさんいますが、本当のところはどうなんでしょうか。

 

もちろん、出会ったあとは中身(性格)の良さや、価値観の一致がパートナーにしたいと思える、大きなウエイトを占めることは間違いありません。

しかし、出会う前はプロフィールの内容だけではなく、顔の雰囲気から「この人は優しそうだから会ってみたい」とか「この人はしっかりしてそうだから、好みのタイプかも」といった判断をしているのも事実ではないでしょうか。

 

1960年代に心理学者のウォルスターがおこなった実験結果でも、

「外見的魅力」が男女ともに会いたいと思う1番の理由なのです!

 

いやいや結局、顔なのか・・・と思われたかもしれませんが、先にも述べたとおり。

内面の魅力というのが、結婚という生涯のパートナーを決めるにあたっては、重要なことだと思います。

その内面を知ってもらうためには、実際にお会いしないと本当のことは何も伝わりません。

 

スポーツでも、スタメンではなくベンチを温めている選手がいくらアピールしても、まずは試合に出てから!となりますよね。

 

結婚相談所でも、自分をアピールする場(お見合い)まで行きつかないと、その先には進みません。

会うことが出来れば、貴方の内面的な魅力をお相手の方にわかってもらえるチャンスはあります。

その機会を逃さず掴むことが大事になるのです。

 

そのためには、プロフィールの内容だけではなく、好印象を与えることができる写真を使って、お見合いまで繋がる可能性を少しでも上げることが重要となります。

 

以前、ロンドンハーツというTV番組で「奇跡の一枚」という企画をやっていました。

この企画は、その名の通り!

メイクや撮影のテクニックを使って、本人を見違えるほどカッコよく(可愛く)変身させ、写真にするといった内容でした。

 

ここからは個人的意見となりますが、プロフィール写真も本人であれば、奇跡とまではいかなくとも、実物より良く見える写真で問題はないと思います。

もちろん、画像を修正して・・・ということではなく!

 

諸説ありますが「左右対称な顔」が美しく感じるという意見もあるので、メイクでその点に気をつける。

写真を撮る時は、光の当て方で綺麗に見せたり、自分が良く見える角度で撮影する・・・など。

貴方の外見的魅力を今より引き出すテクニックは、ぜひ使っていただきたいと思います。

 

性格は顔にでるという言葉もありますが、

写真は口で説明するより何よりも、貴方自身をアピールするものになります!

そのため、特にプロフィール写真には気を使うように心がけてください。

 

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。