今回は「マイナス思考の相手に対しては・・・!」というお話です。

 

婚活や恋愛の場面では、出会った相手がマイナス思考だということも少なくありません。

 

実際、「私なんてスタイルも良くないし、得意なこともない・・・」、このように、出会った相手から言われれば、「そんなことないですから、全然気にしないでください」と、きっと一生懸命フォローすることになるでしょう。

当たり前のことですが、相手が気にしていることを認めてしまえば、余計に落ち込むかもしれませんし、安易に否定したところで、白々しい印象を与えることだってあるわけですから、相手がマイナス思考の場合には、発言には注意が必要なのです。

 

ちなみに、相手との関係性が構築できているのであれば、笑いながらツッコんだりもできるわけですが、まだ出会って間もないタイミングであれば、そうはいかないものです。

ですから、初対面や関係性が構築できていない場合に、相手がマイナス思考だと分かった時に取るべき対応をお伝えしておこうと思います。

 

まず最初に、大事なこととしては、

相手がマイナス思考だからといって、その考え方を無理矢理にでも変えさせようとしてはいけません!

 

つまり、「自分に自信がない」と言っている相手に、「そんなこと言わずに、自信を持ちなよ」と言ったところで、相手の心に響くことはないのです。

 

そもそも、自分に自信がないからマイナス思考にもなっているわけで、その発言を否定して、考え方を変えさせようと思っても、ほとんどの場合、上手くいくことにはなりません。

それよりも、「自信がない」と言っている相手には、「自信がないってことは、それだけ現状を分析して自分に足りないものを自覚してるんだね」と、相手のマイナス思考の受け取り方を自分が変えてしまえば、自然と相手の気持ちだって変わっていくはずです。

 

要するに、

物事には裏表があって、メリット・デメリットがあったり、色んな角度から見ることによって、同じ内容でもまた違った捉え方となるのですから、相手のマイナス思考も見方によっては良い部分が存在していることだって多いということです!

 

もちろん、そう簡単に上手いことが言えるわけでもないのですが、

相手の気持ちを理解しようとする姿勢を持つことや、寄り添う気持ちを見せることが、何よりも相手を勇気づかせることになるだろうし、信頼関係を築いていくためには必要なこととなるでしょう!

 

相手がマイナス思考だった場合には、ある意味ではチャンスと捉え、相手のネガティブ発言にも上手に対応してみせることで、きっと、相手はあなたに信頼を寄せ、良好な関係が築いていけるようになるはずです。

この考えを知っておくのと、知らないのとでは、婚活や恋愛が上手くいくかどうかも変わってくるかもしれませんから、ぜひ、肝に免じて、相手がマイナス思考だった場合には、実践するようにしてくださいね!

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。