今回は「メールを送る時の心構え!」というお話です。

 

ビジネスでもプライベートでも日常的に使われているメール。

電話と同じく、相手と会えなくても、繋がりが持てるメールというのは、恋愛時においても欠かせないものです。

ただし、注意していただきたいのが、

電話と違い、顔の表情や状況などがメールの文章だけではわからないため、時として誤解を招く恐れがあるということです!

 

例えば、何か相手にお願いをしたとして、返事が「はい」とだけ書いてあったらどうでしょう!?

気持ちよくOKしてくれているのか、イヤイヤOKしてくれているのかがわからず、不安な気持ちになりますよね.

直接会っていたり、電話しているなら、相手の表情や声のトーンで、相手の気持ちがわかりますが、メールの場合、「はい」という返事だけの文章であれば、相手に伝わる情報量が少ないため、受諾してもらったという結果しか伝わらないのです。

 

ですから、

メールの際には、話し言葉をそのまま文章化しても、相手の意図していることが完全に伝わらない場合もあることを理解しておかないと、相手を不快にさせてしまうこともあるので、注意が必要というわけです!

 

そもそも、メールを送るというのは、自分の気持ちや考えを相手に伝えるためにおこなっているはずです。

そのため、

メールで大切なことは、自分ではなく、メールを受け取った相手に、内容を理解してもらうということです!

 

要するに、

自分目線で文章を書いて送るのではなく、メールを受け取る相手の気持ちを考え、文章を作り、送ることが重要なのです!

上記に書いた「はい」という返事の例でも、より相手に自分の気持ちをわかってもらいたいのであれば、「はい↗」だったり「はい↘」と記号を付け足すだけでも、相手が受け取る情報量が変わりますよね!?

ほんのひと工夫するだけでも、劇的に変わるのです。

メールを送る時の心構え、わかっていただけたでしょうか!?

相手にメールを送る際は、なるべく丁寧に情報を伝えるよう、心がけてみてください!

 

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。