今回は「モテたいなら、エゴは捨てること!」というお話です。

 

以前から、モテるためにはどうしたら良いかを話してきましたが、そのほとんどには、内面やコミュニケーション能力を磨くことなどを挙げてきました。

もちろん、その通りで、まずは会話をして相手のことを少しでも知らないと、今以上に仲良くなることはなく、交際や結婚にも繋がらないのですが、さらに、その前の段階、第一印象で相手に好印象を与える方法。

すなわち、1度も話したことない相手から、「あの人いいな!」と思ってもらうためには、どうしたら良いかを説明していきたいと思います。

 

ちなみに、「メラビアンの法則」というのは、ご存知でしょうか!?

この法則は、話し手が聞き手に与える影響のうち、「言語情報(話している内容)」が7%、「聴覚情報(話し方、声のトーンなど)」が38%、「視覚情報(表情や立ち居振る舞い、見た目など)」が55%で構成されているというものです。

つまり、

会話の内容よりも、身だしなみがだらしなかったり、姿勢が悪かったりすると、相手の受ける印象は半減してしまうということです!

そして、会話をしている場合でも見た目によって印象が左右されるのであれば、会話をする前の第一印象なんて、見た目でしか判断していないとしか言いようがありません。

要するに、

第一印象を良くしたかったり、まだ会話をしたことない相手からモテたいのなら、見た目を磨くことが重要なんです!

 

ここで、「結局は顔が良ければいいんじゃないの!?」と、このように考える人も多いと思いますが、はい!もちろん、それは否定しません。

パッと見て良いなと思う場合、顔がカッコいい(かわいい)、もしくはタイプという場合がほとんどだからです。

 

ただ、顔が全てではないことも併せてお伝えしておきます。

なぜなら、

見た目というのは、顔以外にも、表情、スタイル、姿勢、ファッションなど、多くの要素から成り立っているものなのです!

顔を変えるには整形などの必要があるため、オススメすることではないですが、表情、スタイル、姿勢、ファッションに関しては、自分の努力次第でなんとでもなる要素というわけです。

 

さらに、

なぜ見た目に気を遣うかということを考えてほしいのですが、それは、他人が見るものだからです!

自分で自分の見た目を確認するのなんて、鏡の前だけだろうし、それ以外は他人から見られるだけなのです。

 

このことからも分かる通り、見た目とは自分のためではなく、人のために良くするものなのです。

それが理解できれば、

見た目を磨いてモテるためには、自分の好み、個性は全く必要なく、いかに他人から見て、良いと思われるかだけを考えればいいというのがわかるはずです!

 

何度も繰り返しになりますが、「モテたいなら、エゴは捨てること!」です。

忘れないようにしてくださいね!

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。