今回は「レベルの低い相手に合わせる必要はない!」というお話です。

 

少し語弊を招くかもしれないタイトルですが、大人が子供と遊ぶ時などは、子供のレベルに合わせて、大人が対応してあげるのが、子供を喜ばせてあげることに繋がることでしょう。

けれど、このお話はそういうことではなくて、例えば、気になる相手がルールやマナーを守らない人だからといって、自分も相手に感化されて、同じような行動を取ってしまっては、自分自身の価値を下げてしまうだけということです。

 

要するに、当たり前のことですが、

好きな相手や気になる相手が、常識を持ち合わせていなかったり、他人に迷惑をかけていたとしたら、それを黙認するのではなく、指摘して改善させるようにしなければ、結果的には一緒にいるだけで、自分も第三者から変な目で見られてしまうのです!

 

実際、そんなことはイチイチ言われなくても分かっていると思う方が大半だと思いますが、恋は盲目。

好きな相手や気になる相手に嫌われたくないからと、いつの間にか、相手の意見や行動に、なんでもイエスと言っていることだって、ないとはかぎりません。

 

そもそも、付き合った相手に影響されて、服装や性格が変わってしまうということだってあるわけですから、環境が変われば、影響を受けやすいのが人間なのです。

もちろん、自分自身を成長させてくれるなど、プラスの方向に変化していくのであれば、それは喜ばしいことですが、悪い影響をモロに受けるなど、マイナスの方向に変化するのなら、残念としか言いようがありませんよね。

 

つまり、

レベルの低い相手に合わせて、自分の言動を変化させてしまえば、成長に繋がることなく、寧ろ、自分のレベルも下がり、周りからの評価も悪くなってしまうことでしょう!

 

基本的に、恋愛をする際には、自分が好きな相手と交際や結婚を目指して、上手くいくことが、何よりも理想ではありますが、現実を見ると、性格や価値観の違いから、別れてしまうことだってあるわけです。

 

ただし、

過去の恋愛を振り返った時に、「あの人と付き合ったおかげで、自分は物凄く成長できた」と、このように、ポジティブに捉えることができる恋であれば、現実は上手くいかなかったという結果だとしても、価値ある時間だったと言えるでしょう!

 

恋愛をしていると、どうしても、相手との関係性ばかり気になってしまうものですが、日々、相手からの影響を受け、さらには、自分も相手に影響を与えるというように、お互いに成長していける時間となるのも事実です。

昨日よりも今日、今日よりも明日が、何か一つでも自分を成長させることができるなら、きっと、いつの日にかは恋愛も成功するはずですよ!

 

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。