今回は「上手くいかないならその理由を考える!」というお話です。

 

「好きな人ができても上手くいかない」と、このように、恋愛が思い通りに進まず、悩んでいる人だって少なくないはずです。

ちなみに、一度や二度の失敗なら誰しもが経験することなので、たまたま相手と馬が合わなかったと考えて問題ありませんが、それがあまりにも立て続くようであれば、やはり自分自身に問題がないかを考える必要があるでしょう。

 

例を挙げるなら、元々メッセージのやりとりが苦手など、性格の問題もあるので、それが絶対に悪いとは言いませんが、相手からの連絡があったにも関わらず、返事を忘れることが多かったり、いつも後回しにしていれば、相手はだんだんと気持ちが薄れていってしまいます。

他には、自分は相手にお願いすることがあるにも関わらず、自分が相手からお願いされた時には、嫌な顔をしたり、毎回断るような状況では、相手は都合のいいように使われていると感じ、不快な気持ちになってしまうことでしょう。

 

要するに、

いつもいつも上手くいかないという場合には、自分では悪気がなかったり、当たり前のように取っている言動が、気づかないうちに相手を不快にさせているということだって多いので、相手のせいにするのではなく、自分に何か原因がなかったかを見つめ直すことが大切なことなのです!

 

そもそも、

今の自分をそのまま受け入れてくれる相手に出会うことができれば、それが自分としては一番楽なことではありますが、現実には、相手によって接し方を変えるなど、自分自身も変化をしていかなければ、良好な関係性を築いていくのは難しいことでしょう!

 

実際、性格や考え方が違えば、必然的に喜ぶポイントや怒るポイントだって変わってくるわけですから、誰に対しても同じ言動を繰り返していたところで、上手くいく時もあれば、上手くいかない時があるのも当たり前のことなのです。

 

ですから、特に婚活や恋愛の場面であれば、

相手に好意を持ってもらいたいのなら、自分本意の言動ではなく、相手が喜んでもらえるような言動を理解し、実行していくことが、何よりも重要なことだと言えるでしょう!

 

上手くいかない時には、何が悪かったのか、どこに原因があったのかなど、その理由を考え、しっかりと反省しなければ、結局は同じ過ちを繰り返してしまい、いつまで経っても、上手くいかない状況となってしまうので、よく肝に免じておくようにしてくださいね。

反省して、その反省を踏まえて試行錯誤をしていなかなければ、成功に繋がることはありませんから!

 

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。