今回は「交際中の支払いはどうする!?」というお話です。

 

先にスタンダードな話をしておけば、交際中だろうが交際前でも、

2人の間でパターンや共通認識があれば、奢られようが、割り勘だろうがどちらでも問題ありません!

ただ、まだそれほど信頼関係が築けていない場合や金額によっては、どうしたらよいかわからないという人も多いと思います。

一般的には、男性が女性に奢るということが多いようですが、実は、この場合には色々な考えが交錯しています。

 

例えば、男性が「奢って女性に良い所を見せたい!」と思っているのに女性が頑なに拒否したらどうでしょう!?

男性からすれば、「経済力がないと思われている」「自分に興味がないから、貸しを作りたくないと思っている」と、マイナスに考えてしまう人も多いのです。

 

女性からすると、奢ってもらって申し訳ないという気持ちがあるかもしれませんが、それなら素直に、「嬉しいです。奢ってくれてありがとう!」と喜んだほうがお互いにも良いわけです。

もちろん、1度は払う素振りをしたほうが良いかもしれませんが、先にも述べた通り、男性が奢ると明確な態度をとっている場合は、女性はどうぞ奢ってもらってください・・・ただ、お礼は忘れずに。

さらに、興味がある相手なら、「今日はご馳走になったので今度は私のオススメのお店紹介しますね」だったり、「今度は私がご馳走します」と次があることを匂わせると完璧です。

きっと男性は舞い上がるに違いありません(笑)

 

ここまで色々とお話してきましたが、人によっては考え方が違うので、この限りではありません。

以前、男性で交際していない女性には奢るけど、交際したら奢らないという人がいました。

理由は、結婚を考えて交際しており、結婚後は同じ財布(お金)で生活していくので、交際期間からそのルールでやっていきたいというものでした。

別に悪い考えじゃないと思いますし、こういう考えも一理あるなと思いました。

 

支払いに関しては、お金が絡むわけですから、そこでギクシャクしてしまうと、せっかくの関係性が崩れてしまうことにもなりかねません。

明確なルールはないので、お互いが納得して気持ち良い関係になれるよう、相手の気持ちを尊重するように心がけてくださいね!

 

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。