今回は「人間関係の構築が恋愛にも影響する!」というお話です。

 

リクナビのHPで、「転職や退職理由の本音ランキング」というのが発表されていますが、1位:上司・経営者の仕事の仕方への不満、2位:労働時間や環境に不満、3位:人間関係への不満、4位:給与への不満、5位:仕事内容への不満。

上記のようになっていました。

 

この結果を見ると、ランキング3位までに人間関係に関する不満が2つも入っており、給与や労働時間よりも、人間関係に不満を抱いて退職する人のほうが多いということです。

 

実際、考えてみてもそうなのですが、

仕事だけに限らず、家族や友達付き合い、そして、恋愛時の相手に対しても含めて、人間関係が悪化することがストレスを抱える一番の要因となっている気がします!

 

そして、人間関係においてストレスを抱えている状態だと、仕事に身が入らないだけではなく、プライベートにおいても、なんだか楽しめないというように、悪影響を及ぼしてしまうのです。

 

ですから、

婚活や恋愛に一生懸命励もうとしている場合でも、職場の上司や同僚、家族・友人達との人間関係が上手くいっていなければ、100%集中できる状況ではないと言えるでしょう!

 

結局のところ、

恋愛時に異性に対しての関係性の構築を考える以前に、どの場面でも、人間関係の構築ができていなければ、自分自身がネガティブな状態になってしまい、やる気も力も出なくなってしまうのです!

 

ただ、ここで難しい問題なのは、人間関係が上手くいっていない状況というのは、そう簡単に改善することができないということです。

 

例えば、職場の上司と上手くいっていない場合でも、転勤や異動がなければ、その上司との関わりが少なくなることは難しいですよね。

また、友人関係であっても、上手くいっていない相手と距離を置いていたとしても、共通の友人を介して、接点がある場合だってあるわけですから、なかなか悩みが消えることはないのです。

 

このように、人間関係に関する悩みの種を解消させるのは、本当にパワーがいることですし、前途多難であることも多いと思います。

そのため、我慢して上っ面だけでも仲良くするフリをするのも手ですが、自分自身の幸せのためには、思いきった決断を必要とする場面も出てくるかもしれませんね。

 

もちろん、安易に言えることではありませんが、毎日嫌な思いをするぐらいなら・・・、よく考えてみてください!

 

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。