今回は「今はダメでも、もしかしたら1ヶ月後なら・・・!」というお話です。

 

何事もタイミングというのは重要で、適切なタイミングを逃すことなく見極めることが、結果にも大きく左右することだと言えるでしょう。

具体的には、恋愛の場面で、告白のタイミングやケンカをした後の仲直りのタイミングなど、今は上手くいかなくても、時間を置いた別のタイミングなら上手くいくということだってあるからです。

 

実際、好きな相手と付き合いたいという気持ちが大きく、この気持ちを早く相手に伝えたいからと、出会って間もないタイミングで告白しても、相手からすれば、「いや、まだあなたのことよく知らないから・・・」と、断られてしまうかもしれません。

 

また、ケンカをした後に相手に許してもらいたいからと、しつこく連絡したところで、相手が落ち着き冷静さを取り戻していない、感情が高ぶっている状況のままなら、逆効果となってしまうことも多いわけです。

 

要するに、

どの場面においても、迅速に行動に移すことが最善というわけではなく、相手と自分自身の状況をしっかりと見極めた上で行動しなければ、物事は上手く進まないのです!

 

ですから、いくら自分のモヤモヤした気持ちを解消したいからと、なんでもかんでも突き進んでいては、取り返しのつかない状況を招いてしまう恐れがあることも理解しておく必要があるでしょう。

ただし、そうは言っても、逸る気持ちを抑えられず、衝動的に行動してしまうこともあるかもしれませんね。

 

そんな時に重要なことは、

「あっ、このままだと上手くいかない」という、不穏な空気を敏感に察知して、立ち止まる勇気を持つことです!

 

例を挙げるなら、ケンカをした相手と仲直りをしようと思って、相手に話しかけても、相手が聞く耳を持っていないようであれば、それ以上話を進めるのではなく、そっとしておくなど・・・、

すぐには答えを出そうとしないことも、結果的には、二人の関係を続けていける要因となることだって少なくないのです!

 

これが、「何で謝っているのに許してくれないわけ!?」、「いつまで怒り続けるの!?」と、このように、相手にその気がないのに、問題解決を図ろうとしては、相手との関係が終わってしまうことにもなりかねないというわけです。

 

婚活や恋愛時には、曖昧な関係をダラダラと続けていたところで、愛想を尽かされたり、他に好きな人ができたからフラれるといった、マイナスの印象を思い浮かべる人も多いことでしょう。

もちろん、スピーディーに行動するほうが良い結果に繋がることは間違いありませんが、なんとなく、「これは上手くいかないな・・・」と感じた時には、少し時間を置いてみることが、状況を好転させるきっかけとなるかもしれませんよ。

 

今はダメでも、もしかしたら1ヶ月後なら上手くいくということだってあるはずなので!

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。