今回は「今やろうと思っていた・・・という言い訳は!」というお話です。

 

恋愛の場面に限らず、普段の生活でも、ビジネスの場面でも、相手への誤解を解くためや、約束を守れなかった理由を説明するためなどに、言い訳をすることはあると思います。

 

ちなみに、「言い訳」の意味は、自分の言動を正当化するために事情を説明することなので、

誤解を解くために言い訳をするのは問題ありませんが、約束を守れなかった時に言い訳しても、結果としてできていないわけですから、マイナスの印象しか相手に与えないのです!

 

要するに、

相手との約束が守れなかった場合には、言い訳をするのではなく、素直に謝らなければ、相手からの印象が悪くなってしまう一方なのです!

 

よく、「何でできてないの?」と相手から言われた際に、「今からやろうと思っていた」と言い訳するケースを見かけることがありますが、実際には、これも不要な発言なのです。

 

なぜなら、何度もお伝えするように、本当に今からやろうと思っていたとしても、現実問題、結果としてできていないわけですから、相手からすれば、ただの言い逃れにしか聞こえないことのほうが多いからです。

 

それなら最初から、「何でできてないの?」と言われたら、「段取りが悪くて取りかかれていなかったから、今から早急にやる」と、素直に自分の非を認めて伝えたほうが、相手もそれ以上、変に怒ることにはならないのです。

 

人は皆、相手から嫌われたくない、怒られたくないという気持ちを持っています。

 

そして、このような不安や悩みを抱えたくないばかりに、思わず言い訳をしてしまうのですが、

言い訳をするよりも、できなかった理由を冷静に考え、次に活かしていくほうが、自分にとっても、相手にとってもプラスになるのです!

 

そもそも、余程相手のことを深くまで知らなければ、相手がどういう気持ちで、何を考えているかなんて検討もつかないでしょうから、相手があなたのことを判断する材料としては、過程はあまり重要ではなく、結果でしか見られることはないでしょう。

 

ですから、相手から好かれたいのであれば、「今からやろうと思っていた」と言い訳するのではなく、約束したことはきちんと守って、結果を見せることが何よりも重要なことだと理解しておいてくださいね。

 

関係性が築けるまでは、何よりも結果が全てということです!

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。