仲直り後に絶対にやってはいけないこと!

 

今回は「仲直り後に絶対にやってはいけないこと!」というお話です。

 

交際している・していないに関係なく、相手とケンカをしてしまうことだってあると思います。

そんな時に、せっかく相手と仲直りができたというのに、その後の自身の言動によって、相手を不機嫌にさせてしまうということだって少なくありません。

 

具体的には、

仲直りをした後や、許した後に、ケンカの原因や相手に対する文句を蒸し返して発言すれば、「結局は、許してなかったし根にもっていたわけね」と、相手はあなたに不信感を覚えてしまうのです!

 

また、蒸し返しはしなくとも、

「本当に大丈夫?もう二度と同じようなことしないよね?」と、仲直りをした後に、必要以上に相手を疑ってしまえば、「面倒くさい」、「信用されていない」と、相手は良い気分になることはないでしょう!

 

このように、仲直りをしたにも関わらず、マイナスの感情を相手にぶつけてしまっては、全てが台無しになってしまう恐れだってあるわけです。

 

ですから、

一度許したことであれば、その事をいつまでも引きずるのではなく、気持ちを切り替えて、再度関係性を築いていったほうが、お互いにとってもプラスに進んでいくのです!

 

そもそも、相手に信頼を寄せる要因としては、安心感を覚えたり、余裕を感じるといったことも含まれます。

そのため、相手を許すといった寛大さを発揮することは、まさに、相手に安心感や余裕を感じさせることに繋がるので、変にグチグチ言うよりも、スッキリと相手を許したほうが、相手からの好感度も高くなると言えるでしょう。

 

ですから、もし相手とケンカしてしまった場合でも、慌てず、余裕を持った対応をすることで、ピンチがチャンスに変わることだってあるはずです。

婚活や恋愛の場面でも、このことを肝に免じて行動するようにすれば、ケンカをしてギクシャクという関係性から、一気に距離が縮まることだってあるかもしれませんよ!

 

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました、