今回は「会話の内容も大事だけど、それよりも大事なことは・・・!」というお話です。

 

会話が人と仲良くなるために重要な要素だということは、理解している方も多いはずです。

また、「どんな話題を相手と話したらよいかわからない」と悩む方には、まずは、雑談することが、場の空気を作っていくので、ぜひ実践してほしいことです。

 

そう!これは、相手と会う回数や、会話する機会を増やすことが、相手からの自分の印象が良くなっていくことに繋がるという、「単純接触効果」というものがあるからです。

もちろん、この場合、相手との会話が盛り上がるなど、お互いに楽しい時間になることが、より良い印象を与えるわけですが、実は、会話の内容以上に大事なことがあります。

それは、

会話の際には、「何を話すか」よりも、「どう話すか」のほうが大事なことなのです!

 

例えば、お店の前で商品をアピールしている人がいるとします。

この時に、自信無さそうに商品をアピールしていたら、商品や説明の内容がいくら良くても、きっとその商品はあまり売れないはずです。

なぜなら、アピールしている人の話し方のせいで、その商品自体も悪い印象を与えてしまうからです。

 

ちなみに、1971年にアメリカの心理学者アルバート・メラビアンが提唱した、「メラビアンの法則」が生まれた実験では、話し手が聞き手に与える影響は、言語情報が7%、聴覚情報が38%、視覚情報が55%という割合になったそうです。

この結果からも分かる通り、

人間は、会話の内容よりも、外見や表情、動作などの視覚から入る情報を優先して重視するものなのです!

そのため、

笑顔で話したり、堂々と自信を持ってハキハキと話すことのほうが、会話の内容よりも重要で、そうしたほうが、より相手に安心や信頼を与えることに繋がるというわけです!

 

会話の内容も、話し方も良いというのが一番の理想ですが、話す内容に自信がない場合でも、話し方や話す態度を良く見せることで、相手があなたに抱く印象が変わってきます。

婚活・恋愛の場面でも、このことを意識して会話をすることで、相手に好印象を与えることができるので、ぜひ、実践してみてください!

 

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。