今回は「体の距離と心の関係性!」というお話です。

 

知り合ってから相手のことを理解し、惹かれあうことで、お互いの距離が縮まっていくのが恋愛ですね。

そして、距離感というのは相手の心の部分が特に気になるものだと思いますが、実は相手との体の距離に目を配ることで、相手との心の距離が見えてきます。

 

具体的にお伝えすると、初対面で会ってすぐに手をつなぎ歩き出す人は、ほぼいないことでしょう。

相手がどんな人かもわからない状態では、相手と距離をとろうとするのが人間です!

同じように、長椅子のベンチに座るとなれば、仲良くなっていない人とは、少し距離をあけて座るはずです。

 

けれど、どうでしょう!?

親しくなっていくことで、手をつないだり、身体を寄せ合ったりと、相手との体の距離がグッと縮まっているはずです!

 

要するに、

物理的距離と心理的距離はリンクしているため、相手との体の距離が近いかどうかで、相手とあなたの親密度がわかるのです!

このように、異性との間では距離というのが非常に重要なバロメータとなってきます。

 

逆に言うと、

気になる相手となかなか親しくなりきれないという場合は、思いきって相手に近づいてみることが、親密度を上げるのに効果を発揮するはずです!

先ほども書いたとおり、体の距離が近づけば近づく分だけ、心理的にも相手に近づくことになるからです。

 

今までは離れて歩いていたという場合は、横に並んで歩いてみたり。

向かいあったテーブル席で食事をするのではなく、カウンター席で並んで座ってみたりと・・・

自然と相手との距離を近くすることは可能なはずです。

 

イマイチ相手と仲良くなりきれていないなという方は、体の距離を縮めることから取り組んでみてはいかがでしょうか!?

 

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。