余裕がなければ気遣いもできない!

 

今回は「余裕がなければ気遣いもできない!」というお話です。

 

いちいち言わなくても分かると思いますが、気遣いができる人や思いやりのある人というのは、周りから好感を持たれやすいわけです。

この理由としては、どんな場面でも自分が困っている時に、気遣いや思いやりを持った人がそばにいてくれることで、安心感を与えてくれますし、気持ちが楽になることだって多いからです。

 

そのため、

本当は誰に対しても気遣いができたり、思いやりを持って接していくことが良いのは当たり前ですが、どうしても難しいというのであれば、最低限、好きな人に対しては、気遣いや思いやりを忘れないことが大切ですし、相手から好感を持たれるためにも必要なことだと言えるでしょう!

 

ただし、そうは言っても、

仕事に追われていれば時間の余裕がなかったり、悩んでいることがあれば精神的な余裕がなかったりと、このように、自分自身に余裕がなければ、結局は、他の人に対して気遣いや思いやりを持つことだってできないのです!

 

実際、仕事の場面でも、上司や先輩から言われてというのは別にして、自分の業務が片付いていないにも関わらず、他の人が困っているからと手伝ったりする人はいないことでしょう。

けれど反対に、自分の業務が済んでいて、時間や気持ちに余裕がある状態で周りに困っている人がいるのなら、手伝ってあげようかなという気持ちにだってなるはずです。

 

また、自分が落ち込んでいたり、辛い経験をした直後に、人から悩み相談を受けたところで、正直、自分のことでもいっぱいいっぱいなのに、人に構っている余裕なんてないと思うことでしょう。

 

つまり、

相手に気遣いや思いやりを持って接していきたいという気持ちがあるのなら、まずは相手のことを気にする前に、自分自身が現状に幸せを感じ、満足のいく状況というように、心にも体にも余裕を持っておくことが必要不可欠なことだと言えるのです!

 

ですから、婚活や恋愛の場面では、気遣いや思いやりもそうですが、相手に幸せを届けたいといった思いがある時にも、自分自身がポジティブな状態でなければ、決して相手にも幸せを届けることができないということを理解しておいてください。

要するに、相手を幸せにしたければ、その前に自分自身が幸せじゃなければいけないということを肝に免じて、婚活や恋愛に臨むようにしましょうね!

 

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。