今回は「別れ話を人に相談するのは・・・!」というお話です。

 

「恋人と別れようと思っているんだけど・・・」と、このように、友人や知り合いから相談された経験がある人もいるのではないでしょうか!?

 

ちなみに、別れ話を相談された時って、二人の仲を詳しく知っているならまだしも、そうでなければ、正直なんと答えていいか分からないことのほうが多いはずです。

なぜなら、別れを後押ししようが、もう少し様子を見たほうがいいとアドバイスしようが、どちらが正解なんて当事者でもなければ分かるわけがないからです。

 

ですから、

別れ話の相談を持ちかけられた場合には、まずは相手の話を親身に聞いてあげることが一番で、最終的な結論に関しては、仮に自分の考えがあったとしても、相手に委ねるようにしたほうが無難なことであり、変なトラブルに巻き込まれることだって少ないでしょう!

 

そもそも、

別れ話をしてくる人というのは、大きく二つの傾向があり、本当に別れたいと思っているから、誰かに話をして決意を固めようとする場合と、ただ単に愚痴を聞いてもらいたいと、大袈裟に話をしている場合です!

 

実際、日頃から二人の仲を聞いていて、不安や悩みで我慢の限界という状況で相談を持ちかけられれば、本気で別れを考えていることでしょう。

けれど、二人の仲がどのようになっているかも分からない、また、普段から相談を受けることなんてないという状況であれば、それは、ストレス発散のために話しているに過ぎないかもしれません。

 

要するに、

本当に別れようかと悩んでいるなら、信頼のおける人に相談するはずですし、根本的には、誰に相談することなく、気持ちが固まっていることのほうが多いわけで、別れ話の相談の大半は、自分の味方になってほしい、共感してほしいという気持ちからくるものだと言えるでしょう!

 

婚活や恋愛の場面でも、パートナーに対して不満が出てきて、誰かに相談したり、アドバイスをもらうことだってあるかもしれませんが、安易に不満ばかりを述べていると、相談する相手によっては、変に世話を焼いて二人の間に入ってきたりするかもしれません。

そうなってしまっては、自分の気持ちとは裏腹に、勝手に別れ話が進んでいくような状況となってしまうので、相談する相手をよく選ぶようにしてくださいね。

 

間違っても、口が軽くておせっかい焼きの人に相談しては・・・、「こんなはずじゃなかったのに~!」と嘆いてしまう結末となるかもしれませんので!

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。