今回は「問題点ばかりを考えることは・・・!」というお話です。

 

新しいことを始めようとしたり、現状から変化を望む際には、何かしらの問題点が出てくることだってあると思います。

例を挙げるなら、今住んでいる部屋が狭いからと、引っ越しをしようと思い、良い物件がないかと探したところ、自分の理想にピッタリの間取りの部屋を発見。

 

ただし、今住んでいる場所よりも駅からの距離が遠くなるという問題も発生・・・、さて、あなたなら決断はどうしますか!?

・・・と、このように、一方でメリットがある反面、デメリットも共存していることというのは、山ほどあるわけです。

 

そんな時には、

問題点ばかりを挙げて、新しいことへのチャレンジを躊躇したり、変化に向けて動き出すことを止めるよりも、現状よりメリットが大きいかどうかを一番に考えるべきなのです!

 

ですから、先程の例であれば、このぐらいの距離なら駅から遠くなっても、部屋が広くなることのほうが使い勝手も良くなるし、メリットが大きいと感じるのであれば、引っ越しを決断したほうがいいでしょう。

ただそれよりも、駅からの距離が遠くなることに不安や懸念を抱き、部屋が広くなることへのメリットが薄れてしまうようなら、現状のままのほうが良いかもしれません。

 

要するに、

選択肢がいくつかある場合には、メリット・デメリットを比較して、仮にデメリットとなる部分があったとしても、最終的には、その中で一番マシな案を選ぶことが、何よりも最善の形となるわけです!

 

この考えを持ち合わせていなければ、何かあるごとに、問題点ばかりを気にして、なかなか行動に移すことができなかったり、ダメ出しばかりを行うような人間となってしまうのです。

 

実際、婚活や恋愛の場面でも、結婚を目標として一生懸命行動しているのに、「婚活パーティーに行っても無駄だと思うよ」、「わざわざお金をかけて結婚相談所に入らなくても、恋人なんてできるでしょ」と、勝手な主観で意見を述べてくる友人だっているものです。

けれど、そもそも、婚活パーティーに行くことや、結婚相談所に入会しようと考えるのも、そこにメリットを見出しているからであれば、軽々しく否定するのは失礼な行為であり、単純に、こちらのやる気や削いでいたり、行動を邪魔しているに過ぎないのです。

 

根本的なことを言えば、

何をするにしても、メリットしか見当たらないということは少ないですし、寧ろ、何かしらの問題点が共存している場合も多いわけですから、自分にとってメリットが大きいと判断するものであれば、多少のデメリットには目をつぶる勇気も必要なことだと言えるでしょう!

 

婚活や恋愛をしていく中でも、自分自身が取るべき最善の行動が分からなくなってしまったり、さらには、相手選びをする際にも、選択や決断をできずにチャンスを逃してしまうといったことがないように、このことはしっかりと頭に入れておくようにしてくださいね!

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。