今回は「問題発生時には初動対応が重要!」というお話です。

 

ビジネスの場面でクレームを受けた時には、ダラダラと問題をこじらせ、長引かせるのではなく、即座に謝罪し、相手の立場になって行動することが重要だと言われています。

これは、相手が怒っているのは事実なわけで、こちらが逃げたり、感情的になってしまえば、相手の怒りは収まるどころか、さらに増幅してしまうことにも繋がりかねないため、素早く状況確認をすることや、相手の気持ちに寄り添う姿勢を見せるなど、迅速な対応が鍵となるからです。

 

ちなみに、

なぜ相手が腹を立てているか分からなかったり、身に覚えのないことで文句を言われれば、誰だってムカッときたり、反論したいと思うのは当然のことですが、基本的に、怒っている相手というのは、まずは自分の言い分をしっかりと聞いてほしいというのが第一にあるわけです!

 

そのため、仮にこちらに非がなかったとしても、相手と向き合うことが何よりも大切ですし、相手がある程度、自分の思いをぶちまけたとすれば、怒りが多少なりとも静まって、感情的ではなく落ち着いた状況に近づいていくのです。

 

そして、婚活や恋愛の場面でも、上記のようにクレーム対応ではなくとも、例えば、誤解や勘違いから相手が腹を立ててしまうなど、何かしらの問題が発生した時には同じように、迅速に対応できるかどうかで、相手との関係修復という面でも影響が出てくると言えるでしょう。

 

そもそも、

トラブルのほとんどは、初動対応を適切にかつ、迅速に行うことで、すぐに解決することだって少なくありませんし、反対に、事情を把握しようともせずに対応を放置してしまうことで、問題がより大きくなってしまうのです!

 

つまり、

相手との間に問題が発生した時に、納得がいかないからと相手の話を聞こうともしなかったり、距離を置くことや、逆に文句を言ってしまうなど、間違った対応をしてしまえば、関係性の悪化に繋がってしまったり、最悪の場合、そこから別れに発展してしまうことだってあるわけです!

 

ですから、まずは相手の言い分に耳を傾け、相手の気持ちや事実を確認した上で、そこから、自分の言い分や気持ちを伝えるという順序のほうが、相手は感情的になることもなく、相手が間違っていることを理解してくれた時には、きちんと謝ってくれることにも繋がるはずです。

相手が怒っていることに納得がいかない時には、ついつい、自分自身も感情的になって、相手に怒りをぶつけてしまったりもするわけですが、お互いに冷静な判断が下せない状況では、問題が解決することも難しいのですから、よく肝に免じておきましょうね。

 

結局は、迅速にかつ丁寧な対応をするといった、大人な対応をしたほうが、好感を持たれたり、安心や信頼を生むことだって多いので、相手にとっても自分にとってもプラスとなっていくはずですよ!

 

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。