今回は「困っていることを見つけて助ける!」というお話です。

 

恋愛の場面にかぎらず、人と仲良くなる秘訣があります。

それは、相手が困っていることを見つけて助けることです。

 

実際、自分に置き換えてみたら分かると思いますが、普段の何気ない場面で助けてもらうことよりも、困っている時に助けてもらったほうが、相手に感謝する度合いも変わってくるはずです。

それに、本当に困っている時に助けてもらうことで、その相手には心を開きやすくなり、関係性が一気に縮まることだってあるのです。

 

要するに、

相手が困っているということは、それだけ、精神的にも追い詰められている状況であり、そのような状況下で相手の力になることは、いつもよりも増して、相手に好印象を与えることができるのです!

 

ただし、口で言うのは簡単ですが、現実には困っている相手がいても、躊躇してしまうことだって少なくありません。

 

なぜなら、

困っている姿を見て、助けたいという気持ちは持っていても、自分では対処できる問題ではないかもしれないと不安を抱えたり、首を突っ込んだことで面倒に巻き込まれては嫌だと思い、見て見ぬ振りをすることだってあるからです!

 

特に昨今では、余計なことに手を出すのは危険という考え方や、出来もしないのに助けようとしたところで、結局は相手の負担になるだけという考え方もあってか、まさに、困っている人がいても、助けられなくなっている気もします。

 

けれど、よく考えてみてください。

仮に自分が困っていたとして、周りの人がそれに気づき、声をかけてくれるだけでも、とても心強く感じて安心に繋がるはずです。

 

つまり、

相手が困っていることにいち早く気づき、寄り添うことだけでも、相手は感謝してくれるはずですし、必ずしも問題解決ができなくとも、相手を助けようとする姿勢を持つことが、相手にとっても、自分にとっても、何よりも大事なことなのです!

 

ですから、常日頃から困っている人を見つけたら、まずは、勇気を出して声をかけることを心がけましょう。

決して面倒だとは思わずに、人を助けようという優しさを持つことで、きっと、恋愛の場面にかぎらず、誰からも好かれるような人になれるはずですから!

 

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。