今回は「変化を受け入れる必要性!」というお話です。

 

例えば、就職して働きだした会社で、そつなく仕事をこなしているにも関わらず、何年経っても給料が一向に上がらなかったとしたら・・・、さて、あなたは何を思うでしょうか!?

 

人によっては勤めている会社や上司に不満を覚えるかもしれませんし、ある人によっては自分のスキルや能力に疑問を抱くかもしれませんね。

どちらにせよ、このままの状況が続いてもいいものかと考えるはずです。

 

そんな時に、

今の現状から変化を望む人と、変化を嫌って現状を維持する人に別れるわけですが、根本的に、上手くいってない状況が続いているのであれば、何かしらの手立てを打たなければ、状況が改善する可能性は限りなく低いと言えるでしょう!

 

つまり、

上手くいっていない原因が自分にあるのか、自分以外にあるのかを理解しているなら、自分に問題がある場合は、その部分を早急に改善するべきですし、自分以外に問題がある場合には、勇気を持って決断を下すことも必要なのです!

 

ですから、先程の例であれば、給料が上がらないのが、自分のスキルや能力不足だと自覚しているなら、スキルや能力を磨く努力をしなければ、今後も何かが大きく変わることはないでしょう。

また、自分がどう足掻いても意味がないといった、会社や上司自体に問題があるなら、思い切って環境を変えるなどしなければ、今後も現状と変わらず、不満やストレスが溜まり続ける一方でしょう。

 

ちなみに、ここまでのお話で何が言いたかったかと言うと、婚活や恋愛の場面でも、上記と似たようなシチュエーションというのは、よくあることなのです。

具体的には、交際に発展している状況で、マンネリからくるものなのか、相手の嫌いな部分が見えてきたからなのか・・・など、色々な理由は考えられますが、相手に対しての気持ちが薄れているものの、なあなあな関係が続いていることだって少なくありません。

 

もちろん、そうした状況をお互いに受け入れ、納得しているなら問題はないのかもしれませんが、どちらか一方が不満を抱えていたり、お互いに納得できていないのであれば、良い状況下だとは言えず、今後の問題に発展する恐れだってあるわけです。

そのため、相手との関係がギクシャクしている原因として、自分に問題があるなら、相手に対しての言動を改めるなど、自分が変わらなければいけませんし、相手に問題があるなら、別れを決意するなど、現状からの変化を受け入れることも大切なのです。

 

ちなみに、

人は現状から状況が変化することに対して、不安や恐怖を感じ、心の中では変化を望んでいる気持ちがあったとしても、最終的には、現状維持を選択することだって多いものです!

 

これは、現状から変化を試みようとしたところで、「状況が悪化したら・・・」、「後悔しないだろうか・・・」など、ネガティブな想像が頭をよぎり、躊躇することに繋がってしまうからです。

 

けれど、何度も同じことを言いますが、現状が上手くいっていないのであれば、間違いなく変化は必要なこととなるので、ただただ成り行き任せにするのではなく、自ら変化に向けて行動するようにしてみてください。

ポジティブな気持ちを持って行動し、変化を受け入れることで、きっと明るい未来が待っているはずですよ!

 

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。