今回は「好きという言葉が相手に与える大きさ!」というお話です。

 

あまり気に留めていなかった相手や、自分のタイプではない相手からでも、「好きです!」と告白されたら、多少困惑することはあっても、嫌な気持ちになることは少ないでしょう。

寧ろ、付き合うことはないにしても、相手に対しての興味が少しは湧くことだってあるはずです。

 

では、どんな場面でも、誰からでもよいですが、「嫌い!」と言われると、やっぱり悲しい気持ちを覚えるのではないでしょうか!?

 

要するに、

「好き」という言葉には、自然とポジティブな印象を受け、反対に、「嫌い」という言葉には、自然とネガティブな印象を受けるものなのです!

 

ですから、たとえ、嫌いな食べ物や嫌いな芸能人など、嫌いなものが多くあったとしても、「私、○○が嫌いだし、○○も嫌い」と、このように発言したところで、相手に良い印象を与えることはないのです。

 

そのため、

関係性を築いていきたい相手に対しては、嫌いという言葉よりも、好きという言葉を多く使うほうが、親しみや安心を感じさせ、好感度アップにも繋がるというわけです!

 

実際、自分に対して直接好きと言われなくても、「○○という映画が好きなんだけど~」と話している時に、「私も○○という映画好き!」と、相手も同じものが好きだった場合には、なんだか嬉しい気持ちになるはずです。

 

つまり、

できるだけ多く、相手と共通の好きなものを探して、相手にも分かってもらえるように、口に出して、「自分も同じものが好き」という気持ちを伝えることが、相手との距離を近づける方法になるかもしれません!

 

好きという言葉が相手に与えるものは、とてつもなく大きいものなので、婚活や恋愛時には、相手から良い印象を持ってもらえるよう、「好き」というフレーズを上手に使ってみてはいかがでしょうか!?

 

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。