好意を持たれたいなら、声をかける勇気を持つこと!

 

今回は「好意を持たれたいなら、声をかける勇気を持つこと!」というお話です。

 

いきなりですが、質問です・・・あなたは社交的ですか!?

なぜ、この質問をしたかというと、社交的な人のほうが人から好かれやすい傾向にあるため、社交的だと自覚がない人は社交的になってほしいからです。

 

そもそも、考えてみてください。

学生の時にクラスで人気があった人は、明るく社交的な人が多かったのではないでしょうか!?

 

当たり前ですが、人に好意を持つのには要因があります。

 

全てではないですが、いくつか要因を挙げるなら、

人に好意を持つ要因として、自分と似ていると感じる相手に好意を持つことや、相手から好意を持たれることで、相手にも好意を持つようになること、そして、よく顔を合わせたり、よく話す相手に好意を持つことです!

 

上記に挙げた中でも、よく顔を合わせたり、よく話す相手に好意を持つということは、「単純接触原理」と言われており、その名の通り、接触回数が増えることで、好意を持ちやすくなるのです。

 

例を出せば、「この芸能人はゴリ押しではないか・・・」と感じるぐらい、CMにドラマにと、テレビに頻繁に露出するのは、まさに戦略の一つで、視聴者に対して、「単純接触原理」を利用して、その芸能人に好意を持ってもらおうとしているわけです。

 

ただし、このやり方はお金がないとできることではありませんから、一般の人で、

「単純接触原理」を利用し、人から好意を持ってもらいたいのであれば、自分から積極的に人に声をかけ、会う回数や話す回数を増やすことが必要というわけです!

 

人によっては難しそうと感じるかもしれませんが、安心してください。

まずは、挨拶から始めれば良いのです。

「おはよう」や「お疲れ様」という挨拶であれば、そこまでハードルも高くないはずです。

 

それに、挨拶をすることで、自然と会話に発展していき、さらには、話す機会が増えていけば、その相手から好意を持ってもらうことに繋がるわけですから、

気になる相手には、ほんの少し勇気を出して、挨拶することを心がけてみてください!

 

一言声をかけるか、かけないかで、あなたの恋愛を大きく変えることだってあるのですから。

また、性格を変えることは難しいと思いますが、恋愛においては、社交的であるほうが有利に働く機会も多いので、社交的ではないという人は、できれば日頃から社交的になるように、少しずつでも努力してみてくださいね!

 

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

コメントを残す