今回は「婚活中の相手への断り方!」というお話です。

 

結婚相談所で活動を始めると、お見合いから、「交際」に発展していくカップルが出てきます。

ただし、一般的な「交際」と違い、結婚相談所での「交際」の場合、初期段階では、「この人だけ」と、1人に絞って「交際」をしなくてもいいというルールがあります。

 

これは、

結婚相談所では、新しく入会する人、そして、結婚が決まり退会する人など、アプローチできる相手が、日に日に変わる可能性があるため、今はこの相手がいいかなと思っていても、もしかしたら、明日には良い意味でも、悪い意味でも、違う相手にアプローチをする、または、されるということも考えられるからです!

 

また、そもそも、

結婚相談所では、交際ではなく、結婚を目標としていることから、お見合いで気になった相手と「交際」をしてみて、「結婚」まで考えられる相手かどうかを確認することが、「交際」の定義でもあり、1人に絞らず、何名かと「交際」し、その中から、「この人なら結婚して上手くやっていける」と思う相手を、最終的に選ぶということができるのです!

 

そして、わかると思いますが、1対1で交際する時に比べ、複数人と交際した場合、その中から、1人に絞る。

もしくは全員断らないといけないため、相手に断りを入れるという回数が増えてきます。

 

ここで、一般的な交際と違うのは、結婚相談所での活動の場合、お互いの交際相手との間に、結婚相談所のスタッフがいるということです。

これは正直、心強いポイントになるはずです。

 

なぜなら、相手に直接断りを入れるのではなく、スタッフが間に入り、ワンクッションおいて断ることができるため、お互い少しは気が紛れるからです。

ただ、そうは言っても、断る理由は相手に伝えないといけませんから、この理由というのは、とても大事になってきます。

 

個人的には、

断る理由として一番無難なことは、「他に良い人ができた」と伝えることだと思います!

 

冒頭にも説明した通り、結婚相談所での会員は入れ替わっていくのが当然なのですから、他に良い人が見つかったといっても、不思議なことではありません。

 

ちなみに、

断る理由として一番NGなのは、たとえ、相手に嫌な点があったとしても、不満や欠点ばかりを伝えることです!

 

たまたま、自分とは価値観や好みが違うだけの場合もあるのですから、相手が自信を失うようなことは絶対に言わないようにしましょう。

 

当たり前の話ですが、

自分が言われて嫌だろうと想像できることは伝えるべきではないのです!

 

色々とお話しましたが、

断ることは、断る側も断られる側もお互いに辛いことです!

 

それに、「相手が傷つくんじゃないか・・・」「逆恨みされないだろうか・・・」と、不安を抱くこともあるはずです。

 

けれど、色々とお話してきた通り、婚活には絶対に断るという場面がついてきます。

出会いがあれば別れがあるのが、当然のことなのです。

 

そのため、無理に良い人を演じる必要はありません。

 

逆に、

興味がないのにダラダラ交際していても、相手の新しい出会いのチャンスを奪っている可能性だってあるのですから、断ることは必ずしも悪いことではないのです!

 

ぜひ、このことを忘れないように、婚活に取り組んでくださいね。

誠実かつ感謝の気持ちを忘れなければ、きっと相手もあなたと上手くいかなくても、あなたと出会えて良かったと思えるはずです!

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。