今回は「嫌いなものや苦手なものは安易に伝えない!」というお話です。

 

決して悪気があったわけじゃないにも関わらず、いつの間にか、相手を傷つけてしまったことって、あるのではないでしょうか!?

 

例を挙げるなら、好きなものの話になった時に、「好きなものは野球で、嫌いなものはサッカーだよ」と、聞かれてもいないのに、嫌いなものまで相手に伝えたとしましょう。

そんな時に、実は相手が好きなものがサッカーだったとしたらどうでしょうか・・・きっと、あなたの発言に対して、態度には出さないかもしれませんが、ショックを受けたり、不快感を感じる相手だっているかもしれません。

 

つまり、

自分が嫌いなものや苦手なものだったとしても、相手が好きなものの場合だってあるわけですから、ネガティブに捉えられる可能性があることは、安易に相手に伝えるべきではないのです!

 

実際、「たかが好き嫌いの話でしょ・・・」と、このように思う方もいるかもしれませんが、

恋愛においては、お互いの考え方や価値観が合う・合わないということは、そのまま相手に対する思いにも繋がることだってあるわけです!

 

そのため、今まで良い関係を築いていたにも関わらず、何か一つでも、相手と考え方や価値観が合わないと感じてしまえば、一気に気持ちが冷めてしまうことだってあるでしょう。

 

要するに、

相手から好感を持たれたいのであれば、極力、相手と同じ考え方や価値観を持っているということをアピールしたほうが良いのです!

 

ですから、仮に自分が苦手なものを相手が好きだった場合でも、バカまじめに自分の気持ちを伝える必要はありません。

ただし、嘘をついてまで好きというアピールをしても、相手には簡単にバレてしまうでしょうから、返しとしては、「そうなんだ」、「良さを教えて」といった具合に、否定も肯定もしなければ問題はないでしょう。

 

一見、大きな問題になるなんて考えもしない、好き嫌いの話ですが、自分と好きなものが同じ、または、違うというだけでも、相手に対する思いは変わってくるので、よく肝に免じておいてくださいね!

 

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。