今回は「嫌味のない自然な気遣いは難しい!」というお話です。

 

恋愛時に限らず、どんな場面でも気遣いができる人というのは、周りから好かれやすいものです。

そして、この気遣いというのは、一見自分自身の気持ちの持ちよう次第で、簡単にできそうにも思えるかもしれませんが、実際には、普段から気遣いが身に付いている方でなければ、とても難しいことでもあるのです。

 

ちなみに、ありがちな失敗談としては、例えば、合コンの場面で、参加している異性に対しては、料理を取り分けたり、グラスが空きそうになったら追加の注文をするなど、一生懸命気遣いを試みたとします。

けれど、誰に対しても気遣いを心がけるのではなく、異性にだけしか気遣いをしなければ、露骨にアピールしているとしか思われなかったりと、ネガティブな印象になってしまうことだってあるわけです。

 

要するに、

嫌味のない自然な気遣いというのはとても難しく、変に下心を出すのではなく、相手の気持ちに寄り添いながら行動しなければいけませんし、常日頃から視野を広く持っていなければいけないのです!

 

そもそも、

好きな相手や気になる相手の前では、自分を良く見せようと考え、相手に対しての気遣いをすることだって多いわけですが、その気合いが空回りしてしまう要因としては、慣れていないことが顕著に出てしまい、ぎこちなさや不自然さが相手にも伝わってしまうからです!

 

つまり、誰だって気遣いをしようと思い、行動にも移すのですが、それが、相手に違和感を与えることなく、心地の良い気遣いとなるには相当な経験が必要だということです。

度を越した気遣いは、相手にはもちろん、自分自身も気疲れしてしまうなど、デメリットが生じてしまうことだってあるわけですが、普段から自然と気遣いを心がけておくことで、違和感なく、さらには、無理することなく気遣いができるようになるでしょう。

 

結局は、

さり気ない優しさを魅せたほうが、相手にもより良い印象を与えやすいですし、人間関係だって上手く築いていきやすいということを、忘れないようにしなければいけません!

 

婚活や恋愛の場面であれば特に、相手に対しての気遣いを心がけると思いますが、いかに気負いすぎることなく、自然な振る舞いができるかどうかがポイントとなってきますので、皆さんも肝に免じておくようにしてくださいね。

何よりも大切なのは、周囲の状況を正しく判断し行動することですよ!

 

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。