今回は「嫌味のない褒め方をするには!?」というお話です。

 

当たり前ですが、人から褒められて嫌な気持ちになる人はいないと思います。

そのため、婚活や恋愛の場面でも、気になる相手のことはたくさん褒めることを心がけるべきですが、何でもかんでも、やみくもに相手を褒めればいいというわけではありません。

 

なぜなら、

自分が良いと思って相手を褒めても、実は、褒められた相手が気にしている部分だったり、良いと思っていないことであれば、嫌味と捉えられてしまうこともあるからです!

 

例を挙げるなら、相手がぽっちゃり体型で、あなた自身の好きなタイプもぽっちゃりだからといって、「○○さんのスタイルいいですね!」と褒めても、相手がぽっちゃりなのを気にしていたとしたら、嫌味を言われたとしか思わないはずだからです。

 

では、どのように伝えれば、嫌味のない褒め方となるでしょうか!?

その答えは・・・、

相手を褒める時には、「自分が好き」、もしくは、「自分のタイプ」であることを付け加えて褒めるべきなのです!

 

先ほどの例を使うなら、「○○さんのスタイル、私すごく好きです!」と、このように相手を褒めれば、嫌味には聞こえないだろうし、寧ろ、相手に好感を持ってもらうことに繋がるはずです。

 

要するに、

相手を褒める際には、ただ思ったことを褒めるのではなく、自分が好き(タイプ)だからというように、褒めた理由も併せて伝えることで、真実味が増して嫌味に聞こえにくくなるというわけです!

 

自分が良いと思っていない部分であっても、相手が良いと思ってくれている場合には、素直に喜ぶ気持ちにもなるだろうし、何より、自分の良い部分を探してくれる相手には心を開きやすくなります。

 

ですから、婚活や恋愛時に、気になる相手のことは、どんどん褒めて、自分が良いと思っていることも相手に理解してもらいましょうね。

そうすることで、相手との距離も近づいていくはずですよ!

 

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。