今回は「少しの時間でも二人きりで話すことで!」というお話です。

 

結婚相談所でのお見合いの場合、基本的に1対1で相手と会うわけですから、これからお話する内容とは違うわけですが、例えば、婚活パーティーや合コンなど、大勢の人が参加している場所では、気になる相手がいたとしても、関係性を深めることが難しかったりもするわけです。

なぜなら、パッと見た印象としていいなと思った相手がいたところで、その相手と会話をする機会がなかったり、挨拶や自己紹介だけといったように、会話量も少なければ、ただ単に印象が良いだけで、それ以上の関係に進むことは難しいからです。

 

実際、職場でもこのようなことはあると思いますが、大勢の人がいる中で仕事をしていると、あまり話したことがなかったり、特に良い印象を抱いたことがなかった相手だって存在することでしょう。

けれど、プライベートなタイミングでバッタリ会ったことで、少し会話をしてみると、実は共通の趣味があることが分かったり、すごく気が合うことに気づくということだってあるのです。

 

要するに、

大勢の人がいる場所ではなく、ゆっくりと相手と話すことができるような場所では、案外、緊張することなく会話ができ、お互いに相手のことをより深く知ることができるかもしれません!

 

ですから、婚活パーティーや合コンの際に、気になる相手がいたにも関わらず、あまり会話をすることができなかったとしたら、思い切って、二次会に誘ってみてはどうでしょうか!?

ちなみにその場合には、カフェでお茶をしたり、嫌がられないのであればラーメンを食べに行くなど、あまり長い時間ではなくとも構いませんので、それよりも、人数はできるだけ少ないほうが、会話量も増え仲良くなれるきっかけとなるでしょう。

 

そもそも、

仲良くなりたい相手がいるのであれば、上辺だけの話ではなく、お互いにプライベートな内容の話をすることが重要ですし、そのためには、1対1ないし、極力少人数で会うようにしなければならないのです!

 

つまり、

「せっかくなんでお茶だけでも」といった具合に、相手が変に警戒することなく、気軽に付き合ってくれそうな時間だけで大丈夫なので、何度も会う回数を積み重ねたほうが、より信頼関係を築きやすいというわけです!

 

婚活や恋愛の場面では、気になる相手がいたとしても、やりとりの頻度が少なかったり、会うタイミングが中々なければ、そのまま疎遠になってしまうことだって少なくありません。

そして、このように疎遠になってしまうことを避けたいと思うのであれば、決して長い時間ではなくてもよいので、日頃からコツコツと会うことが大切だということを忘れないようにしてくださいね!

 

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。