今回は「尽くせば尽くすほど・・・どうなる!?」というお話です。

 

恋愛に限らず、誰かに何かを尽くした場合、見返りを求めてしまいがちなのが人間です。

なかには、ボランティア精神の強い方で、相手が喜んでくれるだけで嬉しいという方もいますが、

恋愛の場面においては、自分が尽くしたことに対して、同じだけ相手にも尽くして欲しいと考える人が多い傾向にあります!

 

実際、気になる相手に対して、食事に誘って奢ったり、身のまわりの世話を手伝ったりするなどして尽くすのは、相手に自分のことを好きになってもらいたいという思いからですよね。

ただし、だからといって、

尽くせば尽くすほど、相手から気に入られるというわけではないので注意が必要です!

 

なぜかと言うと、

相手に一方的に尽くすという場合には、平等という立場ではなくなり、自然と上下関係ができやすいのです!

 

最初から色々と尽くしてくれる相手には期待しますよね。

「これをやってくれるなら、あれもやってくれるだろう」と、相手に対し、期待ばかり膨らんでしまうと、甘えが出てしまい、自分の要望を叶えてくれる存在と勝手に思い込んでしまうのです。

また、そうなると、尽くしてもらってる側が「自分の要求が通らない場合には不満を出す」という、理不尽な一面を見せる恐れもあります。

 

上記以外にも、相手に尽くしすぎることで懸念される点があります。

それは、本来であれば、

自分に好意を持ってくれる相手には、好意を抱きやすいはずなのに、尽くしすぎることも含め、極端に片方の気持ちだけが強い場合は、その好意を重く感じ、嫌悪感を覚えてしまうということです!

 

恋愛では、お互いのことを思いやる気持ちがないと上手くいかないのが当たり前なので、身に覚えがないとしても、上下関係を作ってしまいそうな行為は避けるべきなのです!

 

ちなみに、個人的な意見を言わせてもらうと、「尽くす」という行為自体は悪いことだと考えていません。

好きな相手、気になる相手に、少しでも喜んでもらおうと考えるのは当たり前のことだからです。

けれど、仕事の場合などと違って、恋愛の場面では、明確な上下関係が存在してしまっては、相手を思いやる気持ちが少なくなってしまいます。

 

平等な関係でいるからこそ、尽くすことで、お互いに幸せを感じるということを、忘れないようにしてください。

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。