今回は「年齢を重ねるごとに社会的地位が大事に・・・!」というお話です。

 

子供の頃にモテていた人を思い出してみると、顔が整っている人というのはもちろんのこと、足が速い、運動神経が良いなど、このような人がクラスでも人気者となっていたのではないでしょうか!?

そして、時代にもよるとは思いますが、思春期の頃であれば、少し悪ぶっている人がモテたり、面白い人がモテるということだってあったはずです。

 

けれど、

20代前半までなら、顔が整っていたり、面白いという人がモテるということはありますが、それ以上に年齢を重ねていくと、いくら顔が整っていたり、面白かったとしても、社会的地位が低ければ、敬遠されることに繋がってしまいます!

 

分かりやすく例を挙げるなら、資産があるならまだしも、貯金もほとんどなく無職の30代のイケメンは、友人として遊ぶのは良かったとしても、パートナーにしたいと考える人は少ないでしょう。

他にも、「稼ぎはあまり良くないけれど、足が速いです」と大人になって言われたところで、どちらかというと、「足は速くなくてもいいから、しっかりと稼いできて」と思う人が大半のはずです。

 

要するに、

ある程度の年齢を重ねた時に、結婚や交際を意識するようになる相手には、パートナーとして選んだところで、周りの人から変に思われないなど、世間体を気にしたり、金銭面の不安がないことのほうが、優先順位としては高くなる傾向があるのです!

 

ちなみに、プロ野球選手がモテると言われていたり、お笑い芸人がモテると言われることだってあるわけですが、実際にはほんの一握りのことなのです。

なぜなら、プロ野球選手もお笑い芸人も、第一線で活躍している人であれば、テレビに出ていたり、有名ということで社会的地位が高まりモテるわけですが、それ以外の名前も知られていないような人がモテているかというと・・・、答えは言うまでもないでしょう。

 

つまり、

少し現実離れしたところで言えば、芸能人やスポーツ選手、身近に感じるところで言えば、医者や看護師など、元々社会的地位が高く見られる職種もあるわけですが、どんな職種であれ、知名度や肩書、年収などが高ければ、それに応じてモテる確率だって高くなっていくというわけです!

 

結局は、社長という肩書の人がモテたり、年収が高い人ほどモテるというのは、社会的地位が高く見えることで、相手に安心感を与えたり、行動を共にすることで優越感を与えることができるからだと言えるでしょう。

そのため、ぶっちゃけた話、お金持ちがモテるというのは本当のことだと思いますけどね!

 

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。