今回は「思い込みのせいで行動に移せないのは・・・!」というお話です。

 

過去に自身が経験した失敗や、一般的に多い事例を気にして、似たような境遇を嫌うことってないでしょうか!?

 

婚活や恋愛の場面で例を挙げるなら、特定の血液型の相手と上手くいかなかったことが続いたからといって、今後、自分の交際・結婚相手にはその血液型以外の人から候補を探すようにしたり。

また、遠距離恋愛は上手くいきにくいという話をよく耳にすることから、自分は遠距離恋愛を経験したことがなくても、遠距離恋愛となりそうな相手は初めから対象外にするなど、このように、「きっとこうだろう」という思い込みから制限をかけることってあるかもしれませんね。

 

けれど、先に結論をお伝えしておくなら、

思い込みによって行動を制限したところで、結局は、自分で自分の可能性を奪っているだけに過ぎず、何かしらの壁にぶつかった時でも、自分自身の手で問題の解決を図ろうとすらしてないことだと言えるのです!

 

実際、過去の失敗経験があったとしても、相手や環境が違えば、結果だって異なるかもしれませんし、仮に同じ相手、同じ環境だっとしても、自分自身の考えが以前とは異なっていたり、違う選択もできるように成長していたとすれば、同じ結果になるとはかぎりませんよね。

 

要するに、

困難に直面したとしても、自分自身がそれと向き合い、打開策を考えることで、新たな道だって切り開けるかもしれないのに、最初から思い込みのせいで諦めていたら、大きなチャンスを逃しているかもしれないのです!

 

そもそも、今の自分、さらには、今の環境がずっと続いていくとはかぎりませんよね。

なぜなら、新たな出会いや新たな情報を取得することによって、考え方や行動に変化が生まれるかもしれませんし、環境だって、もし子供が生まれたら、もし転勤があったら・・・など、変化する可能性はいくらでもあるわけです。

 

ですから、

思い込みのせいで行動に移さないというのは、今現状の自分なら無理だと決めつけているだけで、自身の成長や努力する気持ちを端から除外していると言えるでしょう!

 

ちなみに、根性論や願えば夢は叶うといった、安易なことを言うつもりはありませんが、一生懸命になることや、強く願って、その気持ちを忘れることなく行動に移すことで、状況が好転することはあるものです。

もちろん、全部が全部とは言いませんが、まずは自分自身に熱い気持ちがなければ、何か問題が発生した時でも、簡単に諦めてしまったり、そこから逃げ出すことに繋がってしまいます。

 

つまり、大切なのは思い込みによって行動に移そうとしないのではなく、そこに熱い気持ちがあるのなら、なんとか解決策を見出そうと行動に移すことかもしれませんよ。

そうすることで、新たな可能性が出てきたり、大きなチャンスが巡り合い、幸せな結末が待っていることだって少なくないのですから!

 

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。