今回は「性格は顔に出ると言いますが・・・!」というお話です。

 

「性格は顔に出る」という言葉を聞いたことがある人も多いと思いますが、実際のところ、この話は本当なのでしょうか!?

 

調べてみると、

性格が顔に出ると言われる原因としては、表情筋の癖や発達具合にあると考えられており、日常でよく表す感情が自然と表情にも表れてくることが理由となるそうです!

 

つまり、常日頃から笑顔が多い人は、頬や口角を上げる筋肉が鍛えられていることで、優しい表情になりやすいのです。

反対に、いつも何かに不満を抱いていて、眉間にしわを寄せた、しかめっ面をしていると、口角も下がってしまい、ブスっとした表情になりやすいというわけです。

 

結局のところ、性格が顔に出るのは間違いないことなのです。

 

また他にも、よく使われる言葉として、「恋をしたら綺麗になる」ということも聞いたことがあると思いますが、このことも同じ理由だと言えるでしょう。

 

要するに、

好きな相手や気になる相手のことを考えている時には、しかめっ面や意地悪な表情にはならず、安らいだ表情になることで自然と美しく見えるようになってくるのです!

 

このことからも、肝に免じておかないといけないことは、

日々の感情が自分自身の容姿、さらには表情を形成していくということを自覚し、極力ポジティブな気持ちを心がけるということです!

 

もし仮に、普段から、人の悪口を言ったり、人を見下すような表情をしているのであれば、無意識のうちに、その表情が身について、人にマイナスの印象を与えている可能性だってあるので、気をつけておいてくださいね。

ちょっと意識を持つだけで、きっと自分自身は変われますし、そうすることで、婚活や恋愛が成功する秘訣となるはずですよ!

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。