今回は「恋人がすぐに怒る場合には・・・!」というお話です。

 

交際前にはあまりケンカをすることがなかったけれど、交際に発展してから、ケンカをする回数が増えたり、相手がすぐに怒るようになるなど、関係性の悪化に悩む人もいるのではないでしょうか!?

実際、さっきまで楽しく会話をしていたのに、急にスイッチが入ったかのように、不機嫌になり、怒りだす相手だっているわけですから、解決方法が分からず、嘆く人も多いようです。

 

ちなみに、大前提としてお伝えしておきたいのが、

相手が怒るということは、何かしらの不満をあなたに抱いているということを自覚しておかなければいけません!

 

よく、悪いことは何にもしていないし、相手が怒りだす理由も分からないという人もいますが、いきなり八つ当たりをされることなんて、そうそうないわけですから、やはり、相手の怒りの原因はあなたにあるのです。

 

それはもしかしたら、

些細なことが原因かもしれませんし、積もり積もった怒りを爆発させたのかもしれませんが、何にせよ、相手の怒りの原因がどこにあるかを知り、改善することをしなければ、その場は相手の怒りが収まったとしても、結局は、繰り返すこととなってしまうでしょう!

 

ですから、相手が怒っているからと、その場から逃げだしたり、相手のご機嫌取りだけをしたところで、問題は解決せず、先延ばしにしているだけなのです。

そして、問題が解決していないからこそ、別のタイミングでも、相手は何かのきっかけで不満が表面化し、すぐに怒ることに繋がってしまうというわけです。

 

また、「交際前の相手はそんなに怒ることもなかったのに・・・」と、交際後に相手の性格が変わったと感じる人もいるようですが、ほとんどの場合は単純に、相手の性格が変わったのではなく、今まで相手が猫をかぶっていただけです。

そもそも、まだ心を許していなかったり、嫌われたくないと思う相手には、自分の素の部分を出さない人だって多いわけですから、交際前は不満に思う点があったとしても、我慢していたという場合だって少なくありません。

 

他にも、交際に発展したことで、相手と一緒にいる時間も長くなり、相手の良い部分よりも、悪い部分が気になり出すことだってあるわけです。

つまり、今まで見えていなかった相手のマイナスポイントが目につくようになることで、余計に怒りがこみ上げてしまうのです。

 

要するに、

相手がすぐに怒るのは、元々の性格か、もしくは、自分に対する不満を表面化させただけのことで、前者であれば、今後の付き合いを考えたほうがよいですし、後者であれば、きちんと相手と向き合わなければ、その後もギクシャクした関係が続いてしまうでしょう!

 

誰だってケンカをしたり、怒られることは気分が良いものではありませんが、相手が不満をぶつけてくることは、ある意味、関係性を改善するチャンスでもあるのです。

なぜなら、相手の不満の原因を理解できれば、自分の言動だって変わってくるだろうし、そうすることで、雨降って地固まるというように、より大きな信頼関係を築けるかもしれませんよ!

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。