今回は「恋愛においても、マイナス思考は損をする!」というお話です。

 

「短気は損気」という言葉がありますが、これは、短気を起こすと、結局は自分の損になるという意味で、短期をいましめる言葉ですね。

この言葉と同様に、いかに恋愛の場面でマイナス思考が損をするかをお伝えしておきたいと思います。

 

能天気なプラス思考が良いとは言いませんが、

恋愛においては、相手がとった行動に対してマイナス思考ばかり働かせていては、良い結果は生まれません!

 

なぜなら、

マイナス思考で相手の行動を捉えてしまうと、相手の意思とは異なる解釈を自分ひとりでしてしまい、誤解に繋がる恐れがあるからです!

 

例えばですが、気になる相手と連絡を取り合うようになって、毎日メッセージのやりとりをしていたのに、急に連絡が来なくなったとします。

そんな時、不安になる気持ちは分かるのですが、マイナス思考ばかり働かせてしまうと、「自分は嫌われてしまった」、「他に好きな人ができたのだろう」と、自分にとって悪いほうにばかり考えてしまうのです。

 

そして、冷静さを失ってしまい、何度もメッセージを送って相手を困惑させてしまったり、本当は嫌われてもいないのに別れのメッセージを送るなどして、自ら関係性を断ち切ってしまう恐れだってあるわけです。

 

ただ、実際には、相手が体調を崩していたり、家庭の急な用事があって連絡ができない状態ということだってあるわけですから、少し冷静に考えれば、連絡が来ない原因は他にも考えられるはずなのに・・・。

 

要するに、

マイナス思考によって、自分の一人相撲で墓穴を掘って、相手との関係性を悪化させてしまうことがないとは限らないのです!

 

相手の意思とは無関係で、勝手に自爆してしまっては非常にもったいないことですから、恋愛の場面では極力、マイナス思考は避けたほうがよいといえるでしょう。

そもそも、万一、相手から嫌われてしまった時には、余程のことがない限り、こちらがどう動いても結果が変わることはありませんから、くよくよ悩むよりも、いっその事、プラス思考で考えていたほうが、自分の気持ちも落ち着くはずですよ!

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。