今回は「懐の深さを持つことで好かれやすくなる!」というお話です。

 

懐が深い人と聞けば、なんだか良い人そうに思えると思いますが、そもそも、懐が深いという意味はご存知でしょうか!?

その答えは、心が広く、包容力があるという意味なんです。

 

そう、きっと誰しもが心が狭い人よりも、心が広い人のほうが良いと思うだろうし、マットレスだって包容力が高いもののほうが好まれるわけですから、懐が深い人のほうが好まれるという事実は間違いないことなのです。

ただ、そうは言っても、懐を深くしようと思っても、どうしたらよいか分からないという人も、少なくないことでしょう。

 

そこで、懐の深さを持つために必要なことをお伝えしたいと思います。

 

まず、大前提として、

懐が深い人というのは、自然と周りの人を優しい気持ちにさせたり、安心感を与えられる存在であるため、ちょっとしたことで怒ったり、焦る素振りを表に出すことはなく、余裕を感じさせる言動を取っているわけです!

 

ですから、誰かがミスをしたとしても、それを責め立てるのではなく、率先してフォローすることや、何か問題が起きた時でも、状況を素早く冷静に判断し、最善かつ最適な行動を心がけているのです。

 

要するに、

自己都合ばかりを考えて行動していては、周りにいる人に良い影響を与えるのは難しいわけで、周りにいる人のことも考えて行動することで、自分自身だけじゃなく、周りにいる人も気持ち良く過ごせるようになるのです!

 

結局は、

自分自身が余裕を持つこと、さらには、どんな場面でも、周りにいる人への思いやりや、気遣いを忘れないことが、懐が深いと思われることに繋がるというわけです!

 

婚活や恋愛の場面であれば、初対面の相手と会う時には、多くの方が緊張するものです。

その際に、「私の名前は○○◇です」と挨拶するのが、まず定番のやりとりになると思いますが、ほとんどの場合、苗字が佐藤であれば佐藤さん、苗字が田中であれば田中さんといった具合に、相手のことを何て呼んだらいいか分からず、とりあえずは苗字で呼ぶようになるはずです。

 

けれど、名前を伝えられた際に、例えば、「私の名前は佐藤隆です。ぜひ、たかしと呼んでください」と言われれば、「たかしさん」と、何て呼んだらいいか迷うこともなくなりますし、下の名前を呼んだほうが親しみやすくも感じることでしょう。

また、案外それだけのことで・・・と思うかもしれませんが、普段やっていることにプラスアルファの気遣いを加えるだけで、懐が深い人だと思われることだってあるので、難しいことをしようと思う必要はありません。

 

ほんの少しの余裕と気遣いを、常日頃から忘れないようにすれば、あなたも懐が深い人だと周りの人からも思われるようになるはずですよ。

恋愛においても、相手から懐が深い人だと思われて損をすることはありませんから、ぜひ、実践してみてくださいね!

 

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。